甲殻類アレルギーは耐性がつきにくく生涯続くこともあります – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

甲殻類アレルギーは耐性がつきづらく一生涯し続けることだってあります

えび、かになど甲殻類のアレルギーは小学生頃から増加傾向にあります。
大人ではもっとも多い原因食物になります。

即時型として現れ、口腔症状やアナフィラキシーを起こすこともあり、
耐性もつきにくいと考えられています。
運動で誘発されることもあります。

食べたら運動をしない、運動をするなら食べないことで防止が可能です!
加熱してもアレルギーを引き起こす力は変化しません。

煮込んだスープでもアレルギー反応は起こることがあります。
えびとかにの加工食品は表示義務があります。
除去の際は、原材料表示の確認に徹底しましょう!

えびアレルギーの人の約65パーセントは、かにでもアレルギー反応が起こりますが、
たこやいか、貝類も同じに食べられない人はそれほど多くないといいます。

アレルギーの原因となる成分(主要抗原)

[check]トロポミオシン
小麦と同じ、即時型と運動誘発アナフィラキシーの2タイプの現れ方をします。

これは確認しましょう!

関連する食物には食べられるものもあります。

[check]甲殻類 えび、かに
[check]軟体類 いか、たこ
[check]貝類  ほたて、あわび
[check]菓子類 えびせんは食べられることも多いのです。

アカエビなど、加工してあると食べられることが多いです。
甲殻類は食べることが出来ないが、たこ、いかなどの軟体類や貝類は
食べられる人が多いのです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。