肉類アレルギーはごく少数です – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

肉類アレルギーというもの一握りなんです

肉類が食物アレルギーの原因になることは余りありません。
肉類は加熱すればアレルギーを起こす力は低下していきます。

また、肉類アレルギーの人でも牛肉、鶏肉、豚肉すべての食肉の除去が必要になる
ケースはまずないと言います。

不要な除去を避けるためにも、食物経口負荷試験でしっかり調べることが大切です。
加工食品のハム、ソーセージを食べてアレルギー症状が出る人がいます。
肉に反応しているのではありません。

つなぎとして使われる鶏卵や牛乳が原因の場合が多いのです。
そのことは、医師に確信をしましょう。

そして、牛乳アレルギーの人が牛肉を、鶏卵アレルギーの人が鶏肉を食べて
アレルギー症状が誘発される人はとても少なく食べられることが圧倒的に多いです。
加熱したら食べられることもあります。

牛肉は半生でアレルギー症状が出ても、しっかり加熱することで
食べても大丈夫だということもあります。

ここに注意しましょう!

[check]不要な除去は行わない
肉類の除去は困難です。血液検査が陽性でも必ず、食物経口負荷試験で確認!

[check]加工品
ハムやソーセージなどの加工品やエキス(だし)は食べられることが多いです。
これらの他に、アレルギーを起こす食物として、米、とうもろこしなどの穀物、
甘味料やマスタードがありますが、子供の事例はまれといいます。

保育園や学校で給食を食べて突然アレルギー症状が現れる子供がいます。
ときには重症になり、生命の危険を感じることもあります。

現在では、食物アレルギーは決してまれな病気ではありません。
いざという時、迅速に動けるよう、そういった責任者、先生には正しい知識と
適切な対処法を身に付けていただく必要があると思います。

保護者と、医療機関や多くの関係者と情報を共有して、しっかり連携を取ることで
重症のアレルギーからお子さんを守ることです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。