不正出血 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

第91回箱根駅伝総合優勝青山学院 おめでとうございます

月経以外の出血はみんな不正出血!
月経は厚くなった子宮内膜が剥がれて排出されることで起きる出血ですが、
それ以外の子宮内部や膣などからの出血を「不正出血」といいます。

不正出血は何か原因となる疾患が潜んでいることが多いので、放置しないことです。
不正出血が症状としてあらわれる病気には、子宮膣部びらんや、子宮頸管ポリープ、
子宮内膜ポリープ、子宮筋腫、子宮頸がん、子宮体がんなどがあります。

とくに子宮体がんは、不出出血ががんを早期発見する大きな手掛かりとなります。
また子宮頸がんの場合は、セ○クスのあとに出血することがあります。

不正出血は体が発しているSOSのサインなのです!

見逃さないで、なぜ出血が起きているのか、その原因を病院で調べてもらってください。

不正出血が知らせる病気

[check]子宮膣部びらん
子宮の先端の子宮膣部がただれたり、炎症を起こしている状態です。
自覚症状がなければ治療の必要がありませんが、症状がひどくなると
不正出血が見られます。
子宮膣部びらんは心配のないものですが、子宮頸がんの初期症状と似ているため
検査が必要です。

[check]子宮頸管ポリープ
子宮頸部に突起状の腫瘍が出来る病気で、子宮口の外にポリープが垂れ下がった
状態になることもあります。
ポリープは少しの刺激で出血すやすいので、とくにスポーツやセ○クスの
後に出血しやすくなります。

[check]子宮内膜ポリープ
子宮内膜が過剰に増殖して出来るポリープで、月経量が増えたり、月経痛、不正出血などの
症状があらわれます。
受精卵の着床の妨げになることがあるため、不妊の原因になります。

月経と月経の間に生きる排卵期出血

不正出血といっても、排卵のときに起きる「排卵期出血」は心配ないケースがほとんどです。
卵胞ホルモン(エストロゲン)の低下によって少量の出血が起きるものです。

非排卵期出血はある人もいればない人もいます。
ただし、排卵期の出血でも、いつまでもダラダラと出血が続いたり、月経と同じ量の出血が
続く場合は、排卵期出血ではない可能性があります。
自己診断で排卵期出血だから大丈夫だと決め付けないことです。
婦人科を診断することをおすすめします。

基礎体温をはかって不正出血の記録をしましょう。
妊娠の初期にも出血が見られることがあります。

妊娠の可能性がある場合には、流産による出血や子宮外妊娠の出血かもしれません。
排卵期出血も含め、不正出血がある場合は、いつ起きたのかを記録することが大切です。
とくに月経が不順の人は、月経なのか不正出血なのか分からないこともあります。

それを見極めるには、基礎体温をはかるのがいちばんです。
月経が始まると高温期から低温期に体温が下がりますから、基礎体温を付けることで
月経なのかどうかの判断ができます。

基礎体温表には不正出血のあった日や量など記録しておくようにしましょう。
婦人科の問診で、最終月経や不正出血の詳細は必ず、聞かれることです。

そのため、記録をしっかり付けておくことで、受診のときに役立ちます!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。