体が冷えやすい からだのトラブル – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

体が冷えやすい からだのトラブル サイズに合っていないきつい靴にも注意

[check]手足がいつでも冷たい
[check]布団に入っても足が冷たく、なかなか眠られない
[check]顔は火照っているのに、他は冷たい
[check]体が冷えるとなかなか温まらない

血液の循環が滞っている体が冷える

冷えは、血液がスムーズに体を循環しなくなることで起こります。
心臓から遠い手足の先の細い血管は、とくに血行が悪くなる部分です。

そのため、冷たいと感じることが多くなるのです。
血液の循環を悪くする大きな原因のひとつには、ストレスなどから来ている自律神経
乱れがあります。

自律神経の働きは、体温調節のために血管を収縮させたり拡張させたりして、
血液の循環をコントロールしています。

冷房や暖房で、室温と外気温度差が開くことで、体温調節が難しくなることも、
自律神経を乱すことにつながります。

女性ホルモンの影響も大きいです!

女性には冷え性の人がとても多く、それには自律神経と女性ホルモンが互いに
影響し合う関係にあり、女性ホルモンの分泌が大きく変化したり、乱れたりすると
自律神経のバランスも乱れるためです。

また、女性ホルモンには血液の循環をよくする働きもあるので、
分泌量が低下すると冷えを招きやすくなります。

栄養不足や貧血、低血圧も冷えの元になります!

人間の体が熱を生み出すためには、エネルギーとなる栄養分が必要で、
その栄養がダイエットなどで不足していると冷えを招きます。

また、貧血で、体に酸素が不足していたり、低血圧で血液を送る力が弱かったりすることで
冷えの原因になることも考えられています。

衣類で体の熱を逃がさない!

冷えはそのまま放置していると、肌のくすみ、むくみ、肩こり、不眠、月経不順などの
トラブルを引き起こします。

簡単に判断をして、放置しないことです。
保温を考え特に冷やさないようにする部位は、足先や脚、腰周りなどの下半身です!

使い捨てカイロ、腹巻、温かい靴下などの保温グッズを積極的に活用しましょう。
保温効果のある下着(ヒートテック)を活用しましょう。
ただし、体を締め付けるようなものは、逆に血行を悪くします。

サイズに合っていないきつい靴にも注意して下さい。
マフラーやスカーフで肩、首周りも冷やさないように心がけて下さい。

足の筋肉を動かして血流アップを考えましょう!

いちばんのおすすめはストレッチ運動です。
筋肉を動かすことが大切で、筋肉が硬くなってしまうと、血流が悪くなるからです。

足は、第二の心臓とも呼ばれる場所です。
足の筋肉を動かすことで、心臓への負担が軽くなって、全身の血流もアップします。
かかとの上げ下げ運動、足の指をおもっきり開いたり、閉じたりといった手軽に出来る
運動を生活の中に意識的に取り入れるながら運動として取り入れることをおすすめします!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。