のぼせる からだのトラブル – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

のぼせる からだのトラブル ハーブティーでリラックスタイム

[check]熱っぽくてボーっとする
[check]顔が突然熱くなる
[check]上半身ばかり熱くなって汗をかく
[check]とくに何にもしていないのに熱くなる

自律神経の調整機能の乱れで起こります!

血管の拡張や収縮の調整つがスムーズにいかないことから、顔がカーッと熱くなって
しまったりするにが「のぼせ」です。

緊張したり、寒いところから急に暑いところへ移動したときなどに起こりがちです。
熱いのは上半身だけで手足は冷えていたり、汗をたくさんかいたり、同時にめまいや
動悸といった症状が見られることもあります。

多くの場合、血管をコントロールして、体温を調節するための自律神経の働きが乱れて
いることから起こります。

本来は更年期に多く見られる症状

のぼせは、女性ホルモンの分泌が急激に低下する更年期に見られる代表的な症状です。
もしそれが、更年期にならない若い年代の女性に起こっているとしたら、
生活習慣の乱れや過度のダイエット、過剰なストレスなどが原因となって、
卵巣の機能が低下して、女性ホルモンの分泌が減少して、更年期に似たような状態に
なっていることが考えられます。

甲状腺機能亢進症でも起こります

のぼせや発汗は女性に多く見られる甲状腺機能亢進症の症状としても起こるほか、
高血圧や心臓病などが原因となって起こっている場合もあります。

もし、重い症状が続くときには、早急に内科を受診して下さい!

まずは、リラックスを心がけましょう

自律神経や女性ホルモンの乱れには、ストレスが大きく関係しています。
睡眠、栄養のある食事をしっかり摂って生活習慣を整え、ストレスに負けない
強い体と心を取り戻すために、リラックスする時間を持ちましょう!

そして、どなたかに相談することでストレスがスーッと軽減することもあるのです。
実際にのぼせが起こっている最中にも、ゆったりとリラックスを心がけるように!

今日は今日、明日は明日と、気軽に考えることです。
どうしようと緊張すると、その緊張がさらにのぼせを招くことになります。
深呼吸は気持ちを落ち着かせるには有効な手段です。

熱いときには冷やすことも大切です

ぽっぽと火照っているときは、顔など熱い部分を気持ちよい程度に冷やしましょう。
涼しい風に当たったり、顔を洗うことでも気分転換になって、落ち着くはず。

下半身は温めて血行をよくする

顔が熱くても、血流が悪くて体のほかの部位には熱が回らずに、
手足が冷たい「冷えのぼせ」といった状態も多く、血流をよくするために下半身を
温めることが基本です!

足湯などで冷えた足先を温めるとよいです。
アーモンドやピーナッツなどのナッツ類やうなぎ、緑黄色野菜を多く含まれ、
冷えの解消に役立つビタミンEは、のぼせにも有効なビタミンです。

積極的にこれらの食材を摂って血行をよくして下さい。

汗対策には制汗剤などを使いましょう!

のぼせとともに、上半身に大量の汗をかく人も多いです。
制汗剤を利用し、下着類も汗を吸い取る素材のものを身に付けるようにするとよいです。

そして、汗をかいたのならこまめに拭き取る、こまめに着替えをして、冷えないように
することも大切です。

ハーブティーでリラックスタイム!

ストレス解消をして自律神経のバランスを整えるには、温かいお茶で一息つく時間を
持ちましょう。緊張を静め、血行をよくし、発汗・のぼせを抑える効果がある
セージのブレンドされたハーブティーがおすすめです。

セージは作用が強いため「妊娠中は避けましょう!」。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。