皮膚がかゆい からだのトラブル – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

皮膚がかゆい からだのトラブル ヒアルロン酸やセラミドを含む保湿効果の高いボディローションやクリーム

[check]下着の当たるところがかゆくなる
[check]冬になると体がかゆくなる
[check]衣類や髪の先が当たるとチクチクしてかゆい
[check]布団の入ると体がかゆくて眠れない

皮膚が乾燥して刺激に敏感になる

虫刺されやかぶれ、アトピー、じんましんなど皮膚がかゆくなる原因には
さまざまなことが考えられますが、発疹もなくかゆくなる場合、
皮膚の乾燥によってかゆみが起こっていることがほとんどです。

皮膚の表面には角質層や皮脂膜があり、外部からの刺激や、
体内の水分が逃げたりすることを防ぎます。

肌が乾燥すると、この機能が低下して、刺激に敏感になって、
少しの刺激でかゆみが起こります。

女性ホルモンやストレスも影響します!

女性ホルモンには肌の潤いを保つ働きもあります。
そのため、女性ホルモンが減少すると、肌が乾燥してかゆみを感じることが増えてきます。

また、ストレスからかゆみが起こります。
女性ホルモンの分泌を正常に保つためにも、リラックスする時間を作るなどとともに、
睡眠をきちんと取ることです。

内臓の病気が原因となることもあります

体のあちこちが突然かゆくなるような場合、糖尿病や腎臓の病気など、
内臓のトラブルがかゆみを引き起こしていることもあります。

保湿などのケアと2週間以上続けていても症状が改善が見られないのなら、皮膚科や内科を
受診するようにしましょう。

かゆいときには冷やすこと

かゆみは体が温まると強くなるのです。
かゆみが出ているとき、かゆい部分を濡れタオルや保冷剤で冷やすと楽になります。

日ごろから香辛料の効いた辛い食べ物や、アルコールなどの刺激物をなるべく控える
ほうがいいです。

しっかりと保湿ケアをすること

乾燥から肌を守るいちばんの方法とは、保湿し肌の水分を逃さないように
しっかりケアして下さい。

ヒアルロン酸やセラミドを含む保湿効果の高いボディローションやクリームを
使って肌の水分を守ります。
入浴後には、肌に湿り気が残っているうちに、素早く保湿ケアをすることも重要ポイント!

水分を摂って体の中からも潤いを考える

皮膚の乾燥を改善するには、体に水分を摂り込み、細胞内に水分を戻しましょう!
そうすることで体の中からも潤いを与えられます。

乾燥しやすい冬の時期には、寒いから水分を摂ることも少なくなりがちで、
白湯や麦茶などを飲み水分補給を心がけましょう。
カフェインが含まれたコーヒーや紅茶は利尿作用がありますので、水分補給には適した
飲み物ではありません。

皮膚がかゆい人のバスタイムの注意すること!

[check]熱いお湯や長風呂はなるべく避ける
お湯は皮膚や角質層の細胞をつなぐ働きをしているセラミドを流出します。
熱いお湯に長く浸かっていると、皮膚を乾燥させバリア機能を低下させます。
お風呂の温度は冬の時期でも40℃くらいがベストな温度です。

[check]ゴシゴシ力任せに体を擦らないこと
タオルでゴシゴシ体をこすると皮膚を傷めることになります。
とくにお風呂に長く浸かりふやけている体を強く擦ると、角質が取れます。
それが原因で皮膚がボロボロに、ナイロン素材のタオルで擦り過ぎると、
色素の沈着を招くことに・・・。

[check]石けんで洗い過ぎないことです。
石けんはよく泡立てて、手の平で撫でるように洗いましょう。
そして、よくすすぎましょう。長湯好きなら、石けんを使わないで、ゆっくりと
お風呂に浸かっているだけでも、汚れは落ちています。
年齢が30歳過ぎたら、皮脂を流し過ぎない、石けんを使うのは、週2回程度でいいくらい。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。