だるい・疲れが取れない からだのトラブル – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

ビタミンCは体にキープしておくことは不可能ですですから、毎食しっかり摂りたいものです

[check]いつも疲れていて、体調がすぐれない
[check]何をしてもすぐに疲れてしまう
[check]全身がだるくて、力が出ない
[check]朝から疲れている

不規則な生活や過労が根本の原因です

何だかいつもだるくて、体調がすぐれないという人が増えています。
疲れには過度に体を動かしたりすることで起こる肉体的な疲労と、ストレスなどで起こる
精神的な疲労があります。

どちらの疲れも、不規則な生活や、体を酷使する生活を続けていては解消される機会が
なく、日常的なだるさや倦怠感となって現れます!

栄養不足になっていることも多いです

体に必要な栄養素が摂れていないことも、だるさを招き、疲れを回復させない大きな
原因となっています。

最近の野菜は、30~40年前に比べると3分の1ほどの栄養価しかないともいわれています。
普通に食事をしていても、思っているほど栄養が摂れていないことが多いです。
さらにダイエットで食事を制限したり、偏った食生活をしたりすることで、
エネルギーを作り出す栄養が不足してしまいます。

精神的な疲れも体の疲れになります!

体はたいして動かしていないのに、だるいと感じることもあります。
これは仕事や、人間関係のストレスなどから来る精神的な疲労が、体の疲れとなって
現れていると考えられます。

原因が分かりにくく、酷くなるとうつ病につながることもあるので、注意しましょう!

体が病気を知らせているケースもあります

だるさや倦怠感は、休んで欲しいという体から出している緊急サインです。
風邪や貧血、ホルモンバランスの乱れ、腎盂腎炎(じんうじんえん)、肝炎、膠原病、
心身症と、だるさを伴う病気は数多くあります。

頑張ってしまう人は、必ず注意して下さい!
だるさを甘く見るような自己判断はしないこと、いつまでも続くときには、
女性外来や内科を受診するようにおすすめします。

体にも心にも休息時間のある生活を送る!

今は病気でなくても、疲労を溜めたままでは、いずれ病気を招くことにつながることに。
体や頭を休めるには、生活リズムを整えてしっかり睡眠を取ることを欠かしてはダメです。

また、好きなことを行う、ホッと落ち着ける趣味の時間を持って、精神的な疲れを
回復させる工夫をしてはどうですか。

軽い運動で体を心をほぐしましょう!

血行が悪く、代謝が落ちていると疲れが回復することは難しいです。
まずは体を冷やさないで下さい。
そして、ストレッチやウォーキングなどで適度に体を動かして、血行をよくすることを
心がけて下さい。

筋肉の緊張がほぐれることで、心もリフレッシュ出来ます。
食欲を高めて質のよい睡眠につながります。

たんぱく質と緑黄色野菜を摂りましょう

たっぷり摂るよう気をつけるのが、魚や卵、大豆製品などのたんぱく質と緑黄色野菜です。
エネルギーの元となる炭水化物や脂肪は、知らないうちに取っているものなのですが、
それらの代謝を助けるビタミンやミネラルが不足しがちです。

そこで、サプリメントを利用して、エネルギーの代謝になくてはならないビタミンB群を
補うことです。

ドリンク剤は、即効性があるのですが、糖分も多く含んでいるのでやたらに飲み過ぎない!
それよりは、食事の時間を生活のリズムにきちんと組み込んで、1日3食を規則正しく食べる
ことが大切なのです。

だるい疲れにビタミンが効果がある!

[check]ビタミンB1 豚肉、うなぎ、レバー、玄米
糖質をエネルギーに替え、疲れと溜まっている疲労物質の乳酸を減少させる働きがあります。
水に溶けやすいので、煮物は汁も一緒に摂って下さい。

[check]ビタミンC 緑黄色野菜(ブロッコリー、赤ピーマン、パセリ)、
果物(いちご、レモン)、いも類(じゃがいも、さつまいも)、緑茶
免疫力を高める効果があります。ストレスはビタミンCを消費します。
ストレスを多く感じる人は特に必要です。
ビタミンCは体に溜めておくことは出来ませんので、毎食しっかり摂りましょう!

[check]ビタミンE ナッツ類(アーモンド)、筋子、たらこ、アボカド、
緑黄色野菜(かぼちゃ、モロヘイヤ)、植物油(オリーブオイル)
抗酸化作用で、血液の流れを改善します。
ビタミンCと一緒に摂るともっと抗酸化力を発揮するビタミンEです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。