希望のボディ肌に関しての実際の満足度に関わるリサーチ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康生活のキーポイント

リサーチ内容は、人のカラダは加齢と共に規則的なステップで不可逆的と化して行くと決められています。

自分自身のカラダに関しての物理的年齢変化を女性らがどのように意識し、
どのように決断し、どうすべきかといった課題が残っています。

このリサーチは、女性のカラダのエイジングに関する心理的な反応を、
年齢や年齢意識の影響力、カラダへの評価といった年齢との関係について
検証したデータとなります。

リサーチ対象は、20歳から74歳の女性個人で東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県を
居住地という1,114人をインターネットを使い3日間にかけてリサーチを行っております。

年代別に200人前後の女性から回答を収集しています。

職業に関しましては、専業主婦46.2%、パート・アルバイト18.5%、自由業、
会社員(事務系・技術系・その他)、学生、無職、公務員、経営者・役員。

20歳代から70歳代までの女性を対象に、年を取るたびに、ご自身のカラダや外見、
若さに向けての意識のどういう感じで変貌を遂げていくのかについて検討しているのです。

外見の若さが加齢と共に衰えて行くことに対し、若い年代層ほど抵抗感が現れています。

「若い姿を失うということが怖ろしい」
「自らが老化していく外見は見たくない」
という加齢を対象にした不安感を持つ女性は若いほどアップしているというわけです。

もう一方では、「所詮は、外見や活気は年齢と共に衰えていくものである」
「外見の若さなんていうのに執着するのは無意味だ」だったり
加齢についての諦め感の評価は年齢層が高いほど広がっているのです。

今ここに意識の変化としては"若い姿を回避していきたいと思いながらも、
次第次第に加齢変化を納得していく"ということが、
年齢に伴うオーソドックスな変化の方向性となっているのです。

ところが、女性らは「実感する年齢」や「見られたい年齢」という質問事項として、
どの年齢層とも、実年齢に比べて若い年齢を回答しているのです。

年齢を重ねるにつれて、この年齢と実年齢との差が広まる傾向も見受けられ、
"外見が加齢し続けるのは納得するしかないが、だけど実年齢と比べて
若い姿は保ち続けていたい"という意識は中高年世代についても強いというのがうががえるのです。

年齢による低下や衰えを察知していることは、記憶力や知力と同時に、
外見においては30歳代から急増して特に、
「肌の美しさ」「体型の美しさ」「姿勢の良さ」などの衰えを察知しているようです。

そうした加齢についての対処法は高齢層ほど、「水分摂取」「十分な睡眠」
「運動」「健康食品の摂取」という行動を取る傾向が多いみたいです。

こちらのリサーチでは、外見若さ志向の強い女性は、
美容・アンチエイジングへの心構えがあって特に、ボディラインとハリ。

周囲の他者との交友、華麗な生活、外見の不完感、老化を察知する、
加齢への不安感という感じです。

年齢が若くなるほど見た目の若さにこだわりが強い!

「歳を重ねるのは止むを得ないが、内面的にはつねに光り輝いていたい」が何にもまして強いです。

続いて「外見に左右されることなく、感性はいつまでも若くありたい」が続き、
内面の若さも重んじられています。

20歳代では、「年を取っても外見上は若いころの状態ででいたい」
「どれだけ齢を重ねても、潤いがある外見をキープしていたい」
「若いころの体型を保つのって何と言っても大切だ」そういった
外見の若々しさに関してのことは、年齢が若くなるにつれ高まります。

実年齢を明らかにした時、周りに驚かれるといった若い外見を保ちたいじゃないでしょうか!

認められたい年齢は、
実歳の年齢より平均5.6歳若く認められたいと調査ではっきりとしています。

引き返したい年齢になると15歳差と解答しています。

若く保ちたいと思っているカラダのゾーンにもデータが見られます。

全体だと「表情のハリ」、「顔の肌のハリ・ツヤ」が9割と超高め。

20歳代、「バストライン」、「足首のしまり」「まつ毛のこし」に特に注目度が高い。

30歳代の若い年齢では、「ウエストライン」や「フェイスライン(顔の輪郭)」
「ヒップライン」というボディラインに対しての意識が秀でているようです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。