からだの中から美しく!ふつうのお酢よりアミノ酸やクエン酸が多い黒酢 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

酢と比べてアミノ酸やクエン酸がけっこう多い黒酢はリフレッシュ、食欲増進に効果が期待できる

疲労回復、食欲増進に効果的です。
美肌にいいと言われている鮭を食べましょう。

さらに小松菜の副菜でビタミンB2やカルシウムもしっかり摂取して下さい。
鮭は血管の若返りに役立つDHA、EPAが豊富です。

赤い色素には、活性酸素を除去する抗酸化力のあるアスタキサンチン、
皮にはコラーゲンが含まれているので、皮も一緒に食べて下さいね。

ドライカレーで野菜をタップリ使ってビタミンと食物繊維を摂取し、
腸の働きを活発にします。

カレー粉に使われているスパイシーな香辛料が新陳代謝を促し、
美肌効果を高めてくれます。

食物繊維を摂って腸をスッキリさせることは美肌につながります。
食物繊維の多い根菜は美肌の強い味方になります。
豆腐には、女性ホルモンに似た抗酸化作用のあるイソフラボンが含まれています。

野菜サラダで、美肌に必須な栄養素、ビタミンA、C、Eを摂取。
豚肉としょうがの相性が絶妙で基礎代謝アップに優れた献立です。

豚肉に含まれるL-カルニチンは、脂肪を筋肉に運び込む働きがあります。
しょうがの血行促進作用とともに基礎代謝を促してスリムな体に導きます。

ひじきときのこの炒め煮で、鉄分とカルシウムが豊富なひじきで貧血を予防します。
きのこは低カロリーで食物繊維が豊富なので、積極的に献立に活用したい食材です。

じゃがいもやかぼちゃやレンコンを使った根菜マリネで悪玉コレステロールを
下げる働きのあるオレイン酸を含むオリーブオイルを使って下さい。

ほうれん草とトマトをタップリ入れたほうれん草カレーは、
鶏ひき肉を使うことでヘルシーに出来ます。

トマトと卵のスープに、じゃがいもも使い、ビタミンCも摂れる美肌メニューです。

ほうれん草には、ミネラル、カロテン、ビタミン類、葉酸が豊富です。
トマトともに抗酸化作用があります。

肌の老化を防ぐ美容効果も◎♪
じゃがいものビタミンCはにも強いのも魅力◎の食材です!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。