美白・シミ・そばかすに欠かせない栄養素「ビタミンC」 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

美白・シミ・そばかすに絶対必要な栄養成分「ビタミンC」

かぼちゃ、さつまいも、赤パプリカ、ブロッコリー、にんじん、トマト。

メラニンの生成や活性酸素を正常に抑えるビタミンCの多い野菜を毎日摂ることが、
美白のためにはとても大切です。

さらにひじきに含まれる鉄分も血液の流れから酸素を全身に運ぶ働きがあるので、
貧血やくすみで悩んでいる方はしっかり摂っていただきたい食材になります。

肌のハリアップ・潤いに必要な栄養素「たんぱく質」「ビタミンA」

鶏ささ身、絹ごし豆腐、オクラ、さやいんげん、
にんじん、バターピーナッツ。

お肌を作るにはたんぱく質です。
たんぱく質を摂るのなら、カロリーの高いお肉よりも、
植物性たんぱく質の豊富なお豆腐をおすすめします。

大豆製品は潤いのある肌作りにも欠かすことは出来ません。
ビタミンEが豊富なナッツ類は、細胞の老化防止に役立ちます。

肌荒れ・にきびを改善する栄養素「ビタミンA」「ビタミンB群」

トマト、卵、切り干し大根、ほうれん草、にんじん、
胡麻、鶏ひき肉、がんもどき、里芋。

抗酸化作用の強いカロテンと、
ビタミンB群の豊富な緑黄色野菜を摂るように心がけましょう。

食物繊維の豊富なきのこ、乾物類で腸内環境を整えることも大切で、
大豆製品は高たんぱく低脂肪ですから、にきびを悪化させないたんぱく源です。

むくみ解消する栄養素「カリウム」

キャベツ、にんじん、スナックえんどう、鶏ささ身、もやし、
さつまいも、りんご、なす、大根、万能ネギ。

水分代謝の悪さがむくみの原因です。
加えて、塩分の摂り過ぎでも起こります。

水分を排出する働きのあるカリウムの多い野菜を摂ると良いです。

塩分を控えても、物足りなさを感じないように、すり胡麻、
ごま油、レモン、梅干しなどを活用するのもポイント。

便秘の悩みを解決する栄養素「食物繊維」

じゃがいも、ごぼう、にんじん、糸こんにゃく、
わかめ、エノキダケ、玉ねぎ、里芋。

食物繊維の多い食品を摂り、腸の運動を活発にすることです。
根菜類、海藻類、きのこ類を積極的に摂るようにおすすめします。

また水分を充分に摂ることも大切です。
水分補給をしっかり摂りましょう。

冷えを解決する栄養素「香辛料」「発酵食品」

キャベツ、わかめ、鶏ささ身、にんじん、豚ひき肉、
レンコン、玉ねぎ、昆布、白菜、七味唐辛子。

冷えの主な原因は血行不良です。
わさび、唐辛子、カレー粉など、発汗や血行促進に役立つ香辛料を活用しましょう。

体を温めるにんにく、しょうがなどの香味野菜や、
血行の循環促進するビタミンEが豊富な胡麻やナッツ類を一緒に摂って下さい。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。