毛は毛母細胞で作られる – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

毛は毛母細胞で作られる

毛とは

毛は毛根血管から栄養をもらい生まれます。
毛の根元の毛乳頭(もうにゅうとう)と呼ばれる部分が、毛を生み出す工場です。
毛乳頭を取り囲む一層の細胞が、毛母細胞毛の母です。

ここで毛を作られ、上へ上へ押し上げられてきます。
毛母細胞の間にメラノサイトも存在し、メラニン色素を作るので、毛は黒くなります。

メラノサイトの働きが何らかの原因で停止すると白髪になります。
白髪を防ぐことは不可能というのが現在で、詳しい原因は分かりません。
毛自体は生きた組織ではありません。

毛乳頭部分だけが生きています。
ここには豊富な血管があって、血行不良などで栄養が十分届かなくなると、
毛はやせて細くなります。

毛抜きなどで毛を抜くことは、毛乳頭部分で引き縮られることになります。
毛乳頭は残るので、いくら抜いても毛は生えてきます。

毛乳頭には血管や神経があるので、抜くときはそこで縮れて、
少量ながらも出血し、痛みもともないます。
毛穴の中の見えない部分ではありますが、毛を抜くことは、皮膚をちぎって傷つけて
いることになります。

抜いた毛に白っぽいものが付いていますが、これは毛穴の壁の一部がちぎれて付いて
きたものです。

永久脱毛の際は、毛乳頭を電気などの熱で破壊します。
健康な毛は10~12%の水分を含みます。
皮膚の角質層の水分は20%程度ですが、毛のほうが水分含有量は低いです。

毛の断面と太さ

毛の断面は、内側から毛髄(もうずい メデュラ)、毛皮質(コルテックス)、
毛上皮(けじょうひ キューティクル)という3層構造をしています。

頭髪は、太さ0.05~0.15mmくらいです。
子供から大人へ成長するにつれて毛は太くなりますが、25~30歳を過ぎると、
逆に細くなります。

30~40代になると髪が薄くなって以前よりも地肌が透けて見えるようになったと
感じる人が多いのはこのためです。

さらに、更年期ころから壮年性脱毛によって本数が減ることがあります。
毛は、その硬さで硬毛(こうもう)と軟毛に分けられます。

硬毛

頭髪、ひげ、まゆ毛、まつ毛などの黒くて硬い毛。

軟毛

一般にうぶ毛と呼ばれる、細くて軟らかい毛。
毛髄質がなく、メラニンも少ないのが特徴です。
赤ちゃんの毛はすべて軟毛です。
細い毛は一般に産毛と呼んでいますが、厳密には胎児に生える毛のことをいいます。

お腹の中では赤ちゃんは産毛におおわれていますが、生まれるころには脱落し、
軟毛に生え変わっています。

軟毛の一部は思春期に硬毛に変わります。
思春期に男性ホルモンの影響で腋毛や陰部の毛が濃くなりますが、このように
性ホルモンの影響を受ける毛のことを性毛といいます。

陰毛、腋毛、手足の濃い毛、男性の胸毛、ひげなど。

毛の役割り

手のひら、足の裏、唇、陰部(粘膜部分)を除く全身に、毛が分泌しています。

頭毛

日差しやぶつかったときなどの外力などから頭部を守っています。
また、頭は血管が豊富で皮膚からの放熱が多い部位なので、
体温を逃し過ぎないように、頭髪が守っているといわれます。

まつ毛

ゴミやホコリが目に入らないためのフィルターの役割りをします。

腋毛、陰毛

皮膚が擦れる部分なので、これらの毛が摩擦を和らげるように働きます。

毛根部には、メルケル細胞という鋭い触角を持つ細胞があり、毛に何らかが触れたときに
その感覚を敏感に伝えます。
全身の体毛は、センサーの役割を持っています。

思春期に男性ホルモンの影響で太くなる胸毛で、これらを性毛といいます。
その以外の毛を無性毛といいます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。