爪とは – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

爪とは

爪はケラチンタンパクで出来ています

爪はカルシウムではなく皮膚と同じタンパク質で出来ています。
爪は皮膚の角質が変化して出来たものです。

硬いですが骨ではなく、カルシウムで出来ているわけではありません。
表皮や毛髪と同じケラチンタンパクで出来ています。

表皮は約20~30%の水分を含みますが、爪は10%前後と少なめです。
また、わずか0.5%前後ながら脂肪分を含みます。
表皮や髪と同じタンパク質ですので、酸やアルカリに弱く、
洗剤などでも傷みます。

また冬場には爪も乾燥しやすくなります。

爪のしくみと構造

爪と呼ばれている部分を爪甲(そうこう)といいます。
爪が生えるしくみは、毛が生えるしくみと非常によく似ています。

爪の付け根の部分を爪根(そうこん)といい、毛でいうと毛根に相当します。
ここに、爪母細胞(そうぼさいぼう)があります。
そして毛母細胞が毛を生み出すように、爪母細胞が爪を生み出しています。

爪の下にある皮膚を爪床(そうしょう)と呼びます。
爪の色は、爪床の皮膚の色で決まります。

血行が良ければ、血液の色が透けてキレイなピンク色に見えます。
たばこの吸い過ぎで血行不良気味の人は、暗赤色になります。
爪母だけでなく爪床からも爪は作られます。

例えば、爪が剥がれた場合は、爪の再生には爪床の働きが重要になります。
甘皮(あまかわ)と呼んでいるのは爪上皮(そうじょうひ)というもので、
爪根部分を保護する役割りを持ちます。

爪の根元に白い半月版の部分が見えますが、これは爪半月(そうはんげつ)と呼ばれ、
完全に角化していない新しい爪です。

爪半月の大小が健康状態を反映するというのは俗説です!

甘皮が裂けたものがささくれです

甘皮部分は皮膚の断面から露出しています。
洋服の生地の断面と同じようなもので、ケラチンタンパクの線維の断面が
露出しているため、そこから裂けやすいのです。

指先から根元に向って外力がかかると、裂けやすくなります。

爪の成長と老化

爪は1日に約0.1mm伸びます。手の爪のほうが足の爪よりも成長が早いですが、
左右差はありません。

また、季節では若干夏のほうが伸びるのが早いといいます。
爪全体の生え代りには、半年から1年です。
爪も肌と同様に老化します。

年齢とともに爪の伸びは遅くなり、黄色く濁り、また厚みを増します。
縦に線が入るのも、老化の一種で、爪シワのようなものです。

爪を守るお手入れ法

爪は皮膚が変化したもので、皮膚と似た性質を持っています。
皮膚と同様に乾燥するとひび割れるので、まずは洗剤など触るときはゴム手袋を使います。

手を洗ったあとはすぐにハンドクリームを塗りましょう!
爪の周りを囲む皮膚、爪上皮(甘皮)部分が荒れると、変形した爪が生えてきます。
そこにもハンドクリームをしっかり塗りましょう。

また、爪を作るタンパク質は縦に走っています。
爪は縦方向に裂けやすい性質があります。よって爪の先端は四角に整えること。

縦方向に裂けるような力が加わること、パソコンのキーボードを爪で叩くことをしないこと!
服の生地と同様、一直線に切ったほうがほつれにくく、丸く切ると繊維がほつれる(裂ける)
原因になるのです。

爪によい食べ物ってあるのか?

これを食べれば爪が丈夫になるといった食べ物はありませんが、指先の血行が悪いと
爪の発育が阻害されます。

青魚、胚芽やオリーブ油などのビタミンEを含む食品など、血液をサラサラにするものを
摂りましょう。
また、貧血気味の人は、赤身の肉やカツオなどを積極的に食べて改善を!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。