最低1日6時間の睡眠が必要 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

最低1日6時間の睡眠が必要

太陽とともに生きる人体のしくみに合わせる

太陽に連動した体内のリズムを、サーカディアンリズムといいます。
太陽の光を浴びないと、人間の体内時計は正常に時を刻めません。

眠い日は午後1時間も昼寝をしましょう

睡眠時間は4時間でも平気などという人がいますが、
医学的に見ると寿命が長いのは1日7時間睡眠をとる人です。

肌についていうと、6時間以下になると、肌荒れしやすくなるようです。
1日6時間となれば、昼夜逆転してもよいのかというと、ホルモン分泌が狂うため、
肌にとってはあまりよくありません。

人間の脳は、太陽の光を目から受けることで体内時計を1日24時間にリセットしています。
つまり、昼と夜という太陽の動きと合わせて生活しないと、体内時計が狂い、
ホルモン分泌も狂います。

日によって就寝時間が違うのも、体内時計が狂うのでよくありません。

そうはいいましても、忙しくて睡眠時間が確保できないという人もいるでしょう。
どうしても睡眠を削る場合は、早く寝て早く起きることです。

つまり睡眠の前半が大事なので、後半を削るほうが肌や体には影響しにくいのです。
また、寝不足の分を週末に寝だめして取り返すということは、基本的にはおすすめしません。
朝日の刺激だけは受けないと体内時計をリセットできないので、昼間で寝ていると
睡眠リズムが狂います。

いつもより遅くまで寝るとしてもプラス1時間に留め、とりあえず一旦起きましょう。
そして、午前中は起きていましょう。

どうしても眠気が残る人は、午後に1時間以内の昼寝をおすすめします。
それ以上の寝だめをするとその日の睡眠が浅くなります。
さらにそれをリセットできないまま月曜日を迎えることになるので、
ずっと疲れが抜けなくなります。

基本的には普段の睡眠を十分に取ることです。
不眠はある意味で病気ではないといわれます。

肉体労働に従事している人には、不眠はほとんど無いようです。
ようするに朝早く起きて戸外で体を動かせば寝られます。
十分体を動かさなかったり、パソコンばかり見て、脳を覚醒して体を使わないような
生活をしていれば、寝られなくなるのはある意味当然です。

眠りの質を高める

体内時計を意識する

就寝時刻を一定させて、体内時計を狂わせないこと。
朝日の刺激で体内時計をリセットすることが大切なので、朝起きたらカーテンを開ける。

適度に体を動かす

日中体を動かす(適度な運動など)のは大切です。
ただし、眠る前の体操は逆に目覚めてしまうので、ゆっくりしたストレッチにする。

眠る前に入浴する

睡眠に入るときに、体温は0.5度ほど低下しますが、その下降が急速であるほど深い睡眠に
入ることが知られています。

お風呂などで、体を温めてから眠ると、熟睡できるのはそのためです。
反対に足が冷たいまま布団に入ったりすると寝付けなくなります。

カフェインを控える

カフェインを含む飲み物は1日2杯くらいまでとし、夜8時以降は摂らないようにしましょう。
栄養ドリンクや市販の風邪薬にもカフェインの入っているものもあります。

寝酒は逆効果なので控える

アルコールは一瞬眠気を誘いますが、体内で分解されるときに覚醒物質に変わり、
睡眠の質を低下させます。

毎日飲酒をすると、それだけで不眠気味になります。
たばこ、ビタミンC飲み物などの睡眠を妨げる可能性があります。
眠る前に口にすることは控えましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。