肌のために食事は大切です – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

肌のために食事は大切です

時間がない、面倒くさいの理由

足りない栄養をサプリメントなどで補おうとする人が増えています。
肌にはビタミンだけでなく、ミネラルや各種微量元素など、無数の複雑な栄養が必要です。

それらをすべてサプリメントで補うことは不可能です。
また、サプリメントと天然の栄養素はまったく同じではありません。
あなたの肌と体に必要なものは、手をかけて食べましょう。

炭水化物ばかりの食事は禁物!

美白肌には、1日1回和食を食べる

主食(米)、汁物、主菜(魚や大豆など)の整った和食を意識しながら食べましょう。
突然ですが、食事に気を使っているでしょうか?

一応、気をつけていますという声が聞こえます。
コンビニでお昼を買うときに野菜も一品添えている、
ランチのパスタにサラダをプラスするなどし、気をつけているにはいるようですが、
果たしてそれでよいのでしょうか。

野菜でもお惣菜などの調理して時間が経ったものはビタミンが破壊されています。
また、サラダなどの生野菜は、ビタミンの少ないものがほとんどです。

さらに若い女性にありがちなのは、炭水化物に偏っている食事内容です。
パスタなどの麺より、パンとおにぎりを買って、ランチにするなどは炭水化物ばかり”
炭水化物は、太りやすい上に、美容に良い栄養素をあまり含まれておりません。

緑黄色野菜と、タンパク質(肉や魚)をきちんと摂ることが大切です。
それには、麺類やパンよりご飯食、つまり「和食」が良いです。

1日3回バランスよくすることも難しいですが、せめて1日1回はバランスよい和食を
摂るように心がけて下さい。

和食に欠かせない野菜料理に悩んだら

ブロッコリーやにんじん、じゃがいもなどを電子レンジで加熱するか、茹でるだけで
温野菜サラダに。

かぼちゃはビタミンA、C、Eすべて揃った万能野菜。
じゃがいもやさつまいもにはビタミンCが豊富です。
皮ごとレンジで加熱した後、皮をむいてサラダにします。

種を取り加熱して柔らかくします。
生野菜はビタミンが壊れなくて吸収がよいといいますが、生野菜には体を冷やし、
量がたくさん取れません。

短時間で加熱するよう工夫して、極力温野菜を摂りましょう。
赤パプリカにはビタミンA、Cたっぷり含まれています。
ピーマンやししとうなど色の濃い野菜はビタミンA、Cが含まれています。

きのこには免疫力をアップする働きがあります。
小松菜にはビタミンA、C、E、カルシウムが豊富です。
もやしはビタミンCと食物繊維が豊富に含まれています。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。