美白肌食野菜から抗酸化物質を摂る – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

美白肌食野菜から抗酸化物質を摂る

ビタミンエース緑黄色野菜を摂りましょう!

ブロッコリーとかぼちゃにはたっぷりの抗酸化物質が含まれています。
炭水化物に偏らないバランスの良い食事は野菜を賢く摂ることが大事です。

なかでも抗酸化物質を含む野菜を意識して食べることです。

酸化(サビ)=老化

体内では常に活性酸素が発生し、細胞やDNAを傷つけることで老化が早まります。
それを防ぐ働きが抗酸化物質なのです。

人間はもともと抗酸化力のある酵素を体内に持っていますが、年齢現象とともに
それらが減少していくのです。
だからこそ、抗酸化物質を含まれる食材で補うことが老化防止になります。

ビタミンエースを摂る

ビタミンA・C・Eはビタミンエースと呼ばれ、抗酸化力の強いビタミンです。
[check]ビタミンA
かぼちゃ、チンゲンサイ、にんじん、パプリカ、ほうれん草、小松菜、ブロッコリー
[check]ビタミンC
カリフラワー、パプリカ、ピーマン、レンコン、キャベツ、ブロッコリー、じゃがいも
[check]ビタミンE
かぼちゃ、モロヘイヤ、アボカド、アーモンド

ビタミンCは果物より白い野菜から摂る

ビタミンCは果物から摂るものと思っていませんか?
果物は体を冷やし、糖分が多いものです。
白い野菜にビタミンCが豊富です。

とくに、レンコン、じゃがいも、カリフラワーをおすすめします。

緑黄色野菜100g、淡色野菜200gを毎日摂取する

この量の野菜を1日に摂るとよいといいます。
ビタミンA・C・Eはとくに抗酸化力が高く、そのために毎日意識するのが緑黄色野菜です。
そのほか、きのこ、海草、豆、根菜なども忘れないように。

コンビニなどで売られているお惣菜の中にはおひたしなどが、調理して時間が経っている
ものはビタミンが壊れていて、防腐剤のことも安心できません。
どうしてもテイクアウトを利用するのなら、その場で調理している食品を選ぶとよいです。

アブラナ科の野菜に注目

アブラナ科の野菜は抗酸化力がとくに強いといわれます。
かぶ、小松菜、キャベツなどがアブラナ科のものですが、なかでもブロッコリーは
抗酸化物質が豊富です。

お茶の利用

ローズヒップティー、ハイビスカスティーにはビタミンCが豊富です。
同じハーブの一種でエキナセアも抗酸化力が強いのでおすすめします。
ペパーミントとブレンドすると飲みやすくなります。

すぐに食べられるヘルシーフードを常備

納豆(カルシウム、イソフラボン)、のり(ビタミンAが豊富)、
ドライフルーツ(ブルベルーやグランベリーなどのベリー類はとくに抗酸化力が高い)
などを常備してみてはどうでしょうか。

低カロリーやゼロカロリー飲料って

低カロリーやゼロカロリー飲料に含まれている人工甘味料の中には、多量に摂ったときの
安全性が確立されていないものもあります。
いくら飲んでもよいと毎日たくさんの量飲み続けることは止めましょう。
適量を飲んで楽しんで下さい。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。