肌と水について – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

肌と水について

水を飲むと肌がきれいになるってホントなの?

水を飲むと毒素が出て肌がきれいになるという話がありますが、俗説です。
水で洗い流せるほど人間の体は単純に作られておりません。

汗から毒素が出る訳でもありません。
水を飲んで汗を出せば毛穴の掃除になると思って半身浴をしますが、
難しいです。

毛穴は皮脂腺で、汗を出す汗腺とは別の穴だからです。
また、肌の代謝と水分代謝を混同している人もいるようです。

シミが出来やすいのは肌代謝が悪いからでは?
とその改善方法としていっぱい水を飲むというのは大変間違いの考え方です。
肌の代謝はターンオーバーで、表皮細胞の生まれ変わりです。

20歳代のころには約4週間ですが、40歳代に入ると6週間ほどかかるようになって
しまうといわれますが、このようにターンオーバーが低下する原因は主に、
成長ホルモンが減ることや血行が悪くなることなどです。

水は直接関係はないのです。
ですので、水を飲んでみ肌代謝は上がることはありません。

むしろ、肌代謝を上げたいのであれば、ピーリングをするという方法を選びましょう。

[check]ピーリングとは、皮をむくという意味です。
  美容では肌表面の角質を取ることです。

毛穴に溜まった汚れも体に溜まった毒素も体脂肪も、何でも水が洗い流してくれるように
考え方も間違いですが、そう単純なものではありません。

水はたくさんの飲んでも体に害はないのか?

水はいくら飲んでも無害だといわれますが、そうでもありません。
余分に飲んでも排泄されると言いますが、それはある程度の量までです。

尿から排泄できる量にも限界がありますので、どんどん飲みすぎると排泄しきれずに
体に溜まって、むくみや冷えの原因になります。
つまり、水分をたくさん摂ることは、代謝アップどころか代謝ダウンにつながるのです。

また水分を摂りすぎると胃液が薄まって、胃もたれや吐き気の原因になることがあります。
ただし、高齢になると喉が渇いたという感覚が鈍くなるので、ある程度意識して飲んだ
ほうが良いというケースもあるのです。

水分を適量摂れているかどうかは、尿の状態で測ることが可能です。
・尿量の基準は、1日に6~8回程度は排尿があること
・1回の尿量が200ml以上あること
というのがひとつの目安です。

1日の平均尿量は、1~1.5リットルで汗の総量とほぼ同じ。
ただし適正な尿量には個人差があります。

高齢者や心臓、腎臓に疾患を抱えている場合、医師に自分の目安を尋ねて下さい。
また、尿の色が濃ければ脱水気味ですので、注意しましょう。
反対に薄い尿が頻繁に出るときは、水分の摂りすぎです。

汗を出すためにも水は飲んだほうがいいのか?

水をたくさん飲んでも汗は増えません。
水を飲むと尿が増えますが、汗は増えないのです。

汗は体温調節のためにあります。
暑いときにたくさん出るし、また緊張で出る人もいます。

汗をダラダラ流している人を見たときに、どの様に感じかすか?
暑いのかな?緊張しているんかな?と感じませんか。
この人は、さっき水をたくさん飲んだのかな?とは思わないですよね。

しかし、一緒にいると友人が頻繁にトイレに行くとしたら、水分を摂りすぎたのでは?
と思うでしょう。

このことからも分かるように、水分をたくさん飲むと増えるのは尿であって
汗ではないのです。

汗を頻繁に出すことは美容の上からもメリットはないのですが、
それでも汗を出したいという人は、運動をして汗をかくトレーニングをしましょう。
水をたくさん飲むことは、汗出しのトレーニングにはなりません。

アルコールは代謝されるときに水を呼び込むので、体をかえって脱水に導きます。
喉が渇いて時のアルコールは脱水を招いて危険なので少し水を飲んでからにしましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。