妊娠と肌 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

妊娠と肌

妊娠中の肌の変化は個人差があります

普段より肌の調子が悪くなる人、反対に良くなる人、あまり変わらない人もおります。
妊娠中の時に見られる肌変化やその対策とは・・・?

肌が敏感に傾く

普段使っていた化粧品でも刺激を感じるようなことがあります。
お手入れはなるべくシンプルにすること。
敏感肌用化粧品に切り替えるなどが必要になります。

オイリーになってにきびが現れる

脂性肌のお手入れを(化粧水はビタミンC誘導体配合を選び、Uゾーンのみにノンオイル
保湿美容液を使う)して、スキンケアを替える。

紫外線に対して弱くなる

妊娠中はプロゲステロンの影響で、メラニン色素が出来やすくなっています。
ファンデーションだけは塗る習慣をつける。

妊娠性肝斑

妊娠中に肝斑ができることがあります。
出産後に自然に薄くなることが多いですが、日焼けをすると沈着くすることもあります。

蕁麻疹や湿疹が出来やすくなる

妊娠中はかゆみを感じやすく、汗で蒸れてかゆくなる。
下着で擦れてかゆくなるなどのトラブルが多発します。
石けんやシャンプーを敏感肌用にしてあまり洗いすぎない。
入浴後に保湿をする。

下着は通風性がよく締め付けないものを選ぶことが必要です。
とくに、皮膚が伸びて引っ張られる胸やお腹が乾燥してかゆみが出やすいので、
保湿クリームや乳液を毎日塗りましょう。

それでも掻いてしまうならば、皮膚科を受診しましょう。

妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)

痒疹とは、激烈なかゆみを伴うイボ状の湿疹で、虫刺されやアトピー性皮膚炎などを
掻き壊した部分に発生することがあります。

これが妊娠中に発生することがあり、妊娠性痒疹といいます。
痒疹疑われる場合は、皮膚科を受診しましょう。

乳輪や陰部が黒くなる

ホルモンの影響でメラノサイトが活性化し、自然に黒っぽくなることがあります。
出産後は多少戻ることもあります。

一度黒くなったものを美白化粧品などで薄くすることは極めて難しいのですが、
恥ずかしいことではないので、あまり気にしないことです。

妊娠線

妊娠中に急に皮膚が引っ張られて伸びるために、その伸びた皮膚がついていかれず、
表皮に亀裂を生じるものです。

成長期にできる成長線と同じもので、肉割れとも呼ばれます。
お腹のほか、胸にもできることがあります。
急に体重が増えた場合に妊娠線は発生しやすいのですが、体質的なものもあるといわれる。

妊娠線予防クリームなどが売られています。
また産後に妊娠線を消す治療なども美容系クリニックで行われていますが、
その効果は一定しません。

表皮が裂けている状態ですから一種の傷痕であり、そこを完全に修復することは
ずっと困難です。
妊娠線を恐れる女性は多いのですが、赤ちゃんを授かる代償としては小さなものですから、
母の勲章と思ってあまり気にし過ぎないようにしましょう。

産後脱毛症

産後のホルモンの変化で髪の毛が一斉に休止期に入って、抜けてしまうもの。
休止期に入っただけですので、時間が経って成長期に戻れば、また生えてきます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。