クレンジングやり過ぎると肌荒れを招きます – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

クレンジングやり過ぎると肌荒れを招きます

クレンジングは必要悪

メイクを落とすクレンジングは、毎日のスキンケアの中では一番肌に負担をかけています。
メイクという人工的に肌につけたものを、落としやすくするのがクレンジングの役割り!

メイクも崩れにくく進化していますので、普通の洗顔だけでは落とせません。
それを浮かせて落とすために、クレンジングはさまざまな洗浄成分を配合しています。
メーカーは口コミなどを気にしますので、逆に洗浄力が弱いといわれ汚れが残るなど、
商品の弱点を広まると売れなくなる恐れがあります。

つまり、洗顔料よりもクレンジングのほうが洗浄力が強力で、
やり方によっては肌の大切なうるおいを奪うということにつながるのです。

できれば、メイクをしないでクレンジングもしないほうが、肌への負担は激減できます。
しかし、見た目だけの問題ではありません。
今の環境では紫外線などの外的刺激から肌を守るためにもメイクは必需品です。

そういった意味ではクレンジングは必要悪であるということなのです!
だからこそ、少しでも肌に負担をかけないクレンジング方法を行うことが
肌へのやさしさへとつながります。

クレンジングしないと肌はどうなるのでしょうか?

肌に乗せたファンデーションは、1日過ぎると皮脂やホコリと混じって、
汚れに変わります。

それを無理なくきちんと落とすことは、美白肌づくりの大切なステップです。
メイクした日は、クレンジングと洗顔のツーステップ「ダブル洗顔」が必要です。

だけでも軽いタイプのパウダーファンデーションもしくはフェイスパウダー(おしろい)
だという、とても軽いメイクのときは、石けん洗顔だけでもOK!
なお、クレンジングなしでメイクを落とせるというワンステップの洗顔料もあります。

それらの多くは洗顔料に界面活性剤を配合し、クレンジングと洗顔料の両方の機能を
合わせ持っています。

とても肌にやさしいとはいえない製品です。

オイルクレンジングしながら肌をこする

毛穴の角栓がポロポロと面白いように取れます。
たしかに毛穴の角栓が取れることはあると思いますが、そうしたことを毎日毎日続ける
ことは、肌が乾燥して傷んでいきます。

角栓はピーリング化粧品でケアするか、毛穴吸引用美顔器で取るほうが
肌への負担を軽くできます!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。