石けん洗顔方法はやさしい力で洗う – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

石けん洗顔方法はやさしい力で洗う

洗顔はたっぷりの泡を使います

卵を割らないように力で、洗顔するときにもっとも大事なことです。
肌をこすらないで皮脂をきちんと落としましょう。

まさつなどの余分な負担を肌にかけないためには、
泡は必要ですが、ソフトクリームのようにたくさん泡立てる必要はありません。

泡立てのときは肌がすでに濡れていますので、
泡立てに時間をかけすぎると、水分が蒸発していき、肌のうるおいを奪われます。
泡は洗顔時に指と皮膚の間のクッションになれば十分です。

顔が卵だったらと考えて、割れない程度の力で洗って下さい。

固形石けんを使った洗顔方法

1.顔を軽く濡らしたら、石けんを手早く泡立てます。
  泡立てネットを使っても良いです。

2.まず、顔、鼻にかけてのTゾーンに泡を乗せます。
  中指と薬指の腹で円を描きながら、
  軽く汚れをなじませます。

3.つぎに、頬などのUゾーンに泡を乗せます。
  中指と薬指の腹で円を描きながら、軽く汚れをなじませます。

4.目もとや口もとに泡を乗せ、軽く汚れをなじませます。

5.最後に、顔全体をサッとさするようにします。

6.ぬるま湯を使って手早く洗い流します。
  ぬるま湯をすくった手に顔を近づけて、顔にぬるま湯をかけます。
  これを数回綺麗なぬるま湯で繰り返します。
  手で肌をこすらないようにして下さい。

後は、清潔なタオルで顔をを軽く抑えるようにして、
水分を吸い取らせます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。