月経期 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

月経期

生理中

エストロゲン、プロゲステロンの分泌がともに少ない時期

卵胞期

排卵に向けて、エストロゲンの分泌がピークになる時期

黄体期前期

エストロゲンの分泌が減り、プロゲステロンが優位になる

黄体期後期

生理直前の不長期。PMS(月経前症候群)の影響です

[check]エストロゲンとは
月経後、排卵に向って分泌が増加し、つぎの月経に向けて減少。
コラーゲンやヒアルロン酸の産生をうながし、肌のハリと潤いをアップ。

[check]プロゲステロンとは
排卵後、黄体が形成されてからつぎの月経直前まで分泌。
皮脂分泌を活発にし、シミのできやすさにも関係するといわれている。

低温期

体温が低く、血行も悪くなりがち、乾燥しやすいので保温ケアを
重点的に行いましょう。
身体を温めて冷えを取ることも大事です。

絶頂期

エストロゲンの影響で、肌の調子がよく、ぷるるんツヤツヤに。
与えるケアプラスすればより効果的に美肌になれます。

調整期

肌の調子が次第に落ちていく時期。
保湿など、角層を育むケアを強化し、保湿機能やバリア機能をアップ。
肌力をつけましょう。

トラブル期

オイリーになり、吹き出物やニキビができやすい、紫外線に敏感になり、
シミ、そばかすができやすいので、UVケアもしっかり行って。

肌は気候の影響を受けます

季節に合ったお手入れが必要です。

[check]
寒暖の変化で肌が不安定に。肌体力づくりがカギになります。
春先は、冬の乾燥ダメージが蓄積し、角層のバリア機能&保湿機能の
低下を起こしやすい時期。

それに加え、寒暖の変化がめまぐるしいため、肌が不安定になったり、
敏感になったりするのです。

そのため、保湿を中心とした角質を育てるケアで、肌体力をつけることに
専念しましょう。
肌の症状によっては、低刺激のコスメを取り入れることも考えて下さい。

[check]
美肌の大敵、紫外線対策と過剰な皮脂へのケアを重点的にする。
紫外線のピークを迎える夏は、徹底したUVケアで紫外線ブロック。

早めの美白肌ケアでダメージを食い止めることが大事です。

冷房や紫外線による肌の乾燥も起こしやすくなるので、
保湿をしっかり。

また、気温上昇により、皮脂分泌が活発になるので、
収れん化粧水で肌を引き締めるケアも忘れないように取り入れましょう。

[check]
夏のダメージケアに加え、冬に向けての乾燥対策を考える。
秋の初めは、シミ、そばかす、くすみ、ターンオーバーの不調から来る
乾燥などが気になる時期です。

美白&保湿の集中ケアを取り入れて、夏のお肌疲れを取り去りましょう。

ここで、本格的美白肌ケアをぜひスタートして下さい。
晩秋になる季節の変わり目は、湿度の低下とともに、角層のバリア機能&
保湿機能が、春先同様低下を起こします。

保湿ケアをしっかり行って下さい。

[check]
低温・乾燥によるうるおい不足に注意。徹底した保湿とマッサージ。
空気が乾燥する冬は肌が乾燥して、角層のバリア機能&保湿機能が低下します。

さらに、血液循環が悪化するため、肌全体の活力も低下気味。
カサつき、肌荒れ、乾燥ジワ、ハリのなさ、くすみといった
さまざまな不調が重なって肌に現れます。

それを防ぐためには、徹底した保湿ケアと温め美容、マッサージなどを
加えて下さい。

角層育成が大切、本気のスキンケア術

美白肌作りは、野菜作りと同じといいます。
毎日、お手入れのとき「キレイになってね」とやさしく声かけ、
手をつくし、愛情を持って向き合うことから、キレイな花が咲いて、
おいしい実が育ちます。

美白肌作りを効果的に進めるためにも、毎日スキンケアを正しく行う
ことが大事です。

日々、化粧品メーカーは皮膚を研究を行い、最先端技術を駆使して、
栓製品を開発しています。
そうした、最新のスキンケアを本気で毎日続けることが美白肌への

近道といいます。

キメの細かさや、透明感などの素肌には、化粧水はなくてはならないものです。
しかし、スキンケアには油も必要です。

化粧水と乳液で水と保湿成分、油分をバランスよく補うことで、
肌の弱っている機能を助けるというのが一般化したお手入れです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。