重症化しやすい肺炎の予防 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康生活のキーポイント

重症化しやすい肺炎の予防

肺炎の原因は細菌やウイルス感染

肺炎は日本人死因の第3位の疾患です。
亡くなる方の95%が65歳以上です。

普段健康な方でも、ちょっとした原因で起こることがある
肺炎を防ぐには日ごろの予防がとても大切です。

肺炎の初期症状は、風邪の症状と似ていますので、
風邪をこじらせて肺炎になるといったイメージを抱いている方が多いのですが、
肺炎はおもに細菌やウイルスなどが肺に入ることで起こる肺の炎症です。

その原因菌にはさまざまな種類がありますが、
もっとも多いのは肺炎球菌による肺炎です。

とくに免疫力(抵抗力)が弱ったときなどは感染を起こし、
重症化しやすくなります。

予防接種を受ける

予防接種で防げる肺炎もあります。
2014年から国の制度が変わって、65歳以上の肺炎球菌ワクチンの接種が
定期化されました。

お近くの医療機関でご相談することをおすすめいたします。
しかし、予防接種はすべての肺炎を防ぐものではありません。

日常の感染予防

肺炎にならないようにするため、日常の予防としてできることがあります。
ぜひ、心がけて下さい。

[check]うがい、手洗い、マスクをする
[check]歯磨きをしっかりして口内の清潔を保つ
[check]誤嚥(ごえんと言い飲食物やだ液が気管に入ること)を防ぐ

免疫力を高める

からだの抵抗力(免疫力)を高めるのも肺炎予防に効果があります。
普段から気をつけるようにしましょう。

[check]規則正しい生活をする
[check]禁煙する
[check]もともと持っている病気(持病など)をしっかり治療する

肺炎を起こすしくみ

[check]風邪を引く
[check]インフルエンザにかかる
[check]高齢になって体力が衰える
[check]糖尿病、呼吸器や心臓に疾患があるなど

こうしたことで、細菌などに感染しやすくなり、
細菌が肺に入り込む(もっとも多い原因菌は肺炎球菌)で、
肺炎を起こします。

インフルエンザも、肺炎を起こすきっかけになることがあります。
(出典:肺炎予防ハンドブック)

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。