正しい洗顔で大事な泡をしっかり作ること – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

正しい洗顔で大事な泡をしっかり作ること

泡立て不足は肌を傷つけます

肌にやさしい泡とは

[check]タップリの泡が必要
  洗顔で落とすのは、皮脂と汗とホコリなどさまざまな汚れです。
  包み込んで汚れを浮かせて落とすには量をタップリ必要です。
しかも、
[check]キメの細かい泡
  キメが細かい泡だと表面積が大きくそれだけ汚れを吸着しやすくなります。
  肌表面をやさしく転がすだけで十分洗え汚れが落ちます。
そして、
[check]弾力があって、つぶれにくい泡
  肌にとって負担となる摩擦を出来るだけ軽くするには、
  弾力があってつぶれにくい泡を作ることが重要です。
だから30秒程度では作れません。
[check]すすぎやすい泡
  泡立てをしっかりすると、すすぎのときに泡切れがよくなり、
  短い時間ですみます。
  何よりも肌表面に泡が残りにくいのです。

泡立っているのと、しっかり泡立っているのとは、違います。
しっかり泡立っているほど泡がクッションとなって肌に傷ができません。

コツを押さえれば、あなたも泡立て名人に昇格できます。

正しい洗顔のカギは泡です

洗顔では、キメ細かいタップリ量の泡でやさしく洗うことが大事です。
何度もお伝えしているように、
しっかり泡立てるほど、弾力のあるクッションになって、
肌を傷つけることはありません。

キメが細かい泡って表面積が広くなって、肌の上をやさしく転がすだけで、
汚れを包み込んで落とします。

しかも、泡切れがよくなるので、すすぎ時間も短縮できます。
しっかり泡を作るのに少々時間かかっても、全体から見ると洗顔にかかる
時間はそんなにかかりません。

なお、汚れがきれいに落ちるのですから、プラス面のほうが大きいのです。

上手に泡立てるコツとは

水を加える回数と量にあります。
最初に加えた水だけで泡立てようとしても難しいです。

小さじ1杯程度の水量を、途中2、3回加えることがポイントです。
そして、手首の力を極力抜いて泡立ててください。
そうすると、まわりの空気を含みやすくなって、より効率よくしっかり泡立ちます。

少し練習すれば、泡立て名人になりますよ。

たっぷりの泡で肌を幸せな気持ちで包む

泡立てが上手く行かない、短い時間で済ませたいとき、
泡立てネットを利用したり、ムーズ状の洗顔料も売られております。

その泡のほうがよいと思いがちですが、極上の泡が作れるのはあなたの「手」です。

ネットやムーズ状の洗顔料は使用するメッシュの大きさが決まっていて、
作れる泡の細かさに限界があるからです。

また、手であわ立てる良さは、泡を作るときからたっぷりの泡に触れられるという
点にもあります。
そのことにより、脳の血流量が変化するというのです。

ときには、がんばって泡立てて作った極上の泡で洗顔をする幸せな気持ちを
味わってはどうでしょう。

きっとその気持ちよさは格別でしょう。極上の泡が作れるのは人の手だけです。
手軽にフワフワの泡ができるネットやムース状の洗顔料ですが、
極上というレベルのキメが細かな泡は手でしか作ることは不可能です。

そんな極上の泡で洗顔しましょう。

そして、タップリの泡で洗うと幸せ脳が作られます。
たっぷりの泡に触ると、その気持ちよさに反応して脳の血流がアップします。

たっぷりの泡を手作り、それで洗顔することで幸せ感が増します。

【セブンネット限定】SK-II 美肌トライアルセット(化粧水)

マックスファクター(SK-II(エスケーツー)

[check]生産国・日本 販売価格 6,800円 (税込7,344円)
お求めやすいお試し価格で不安を解消して安心を得て下さい

SK-II セブンネット限定日別ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。