シミの種類 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

シミの種類

シミの種類に合わせたケアをしましょう

シミとは、皮膚にできる茶色や黒色の斑点や局面で、あざや皮膚がんなど
特殊な病気を除いたものが一般に「シミ」と呼ばれます。

これらのシミにはいろいろな種類があって、ケア方法も違います。

メラニン色素が作られるしくみ

基底層にあるメラノサイトがメラニン色素の工場です。
皮膚が紫外線を浴びるなどの刺激を受けますと、メラノサイトが活性します。

エンドセリンなど情報伝達物質が、表皮細胞から分泌されます。

このしくみは、黒いメラトニン色素が紫外線から肌を守る一種の防御システムです。
肝班を心配される方は、ポツポツと点状のシミや丸いシミは、肝班ではないのです。

肝班とは、太い筆でサッと塗ったような感じと思って下さい。
ポツポツと丸いものは、ほとんどが老人性色素斑です。
すべてのシミは紫外線で悪化します。

実際にシミと呼ばれているものは大半が肝班ではなく、
老人性色素斑で、シミ=肝班とするのは、あまり実状に即さないことから、

茶色や黒色の斑点や局面をシミと呼ぶことが多いです。

脂漏性角化症はメラノサイトの増加によって表皮と角質の肥厚(盛り上がっている)で、
シミとは含まないで、通常イボと呼びます。

シミの種類と特徴

老人性色素斑(日光黒字にっこうこくじ)

できやすい部位は、頬骨の高い部分と頬全体、体にもできます。
メラノサイトの活性化と増加によって、表皮や角質層が厚くなります。

ごく初期での治療は、美白ケアです。
紫外線の影響と老化によるものです。

脂漏性角化症

頬骨の高い部位、こめかみ、額、体にもできます。
メラノサイトの活性化と増加。表皮や角質層が厚くなる。

さらに角質層の肥厚が進み、表面からもイボ状に見える。
皮膚科での治療はレーザー。
紫外線と老化が原因として挙げられる。

肝班

頬骨の高い部分、額、鼻にできやすく、
皮膚の変化は、メラノサイトの活性化によるもの。

治療には、美白ケア、トラネキサム酸。
原因として、女性ホルモンのバランスの乱れがあります。

雀卵斑(じゃくらんはん、そばかす)

できやすい部位は、鼻を中心に頬骨の辺りに散らばったようにできます。
こちらも、メラノサイトの活性化によるもので、治療はレーザー。
原因として遺伝がある。

炎症性色素沈着

できやすい部位などありません。どこでもできます。
皮膚の変化は、メラノサイトの活性化と増加です。
治療は、美白ケア(とくにピーリング)をする。

原因は、ニキビ、傷などによる炎症で、叩く刺激、摩擦でもできます。

花弁色素斑

できやすい部位は、背中と胸です。
皮膚の変化として、メラノサイトの活性化と増加。
レーザーで治療します。

原因は、紫外線(とくに海水浴による急激な日焼け)。

[check]美白ケアとは、
美白化粧品によるケアで、ピーリング、ビタミンCイオン導入を指します。
美白化粧品の種類はいろいろありますが、どの成分がどのタイプの
シミに効くということは定まっていません。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。