手よりコットンで化粧水・乳液をなじませるほうか効果的 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

手よりコットンで化粧水・乳液をなじませるほうか効果的

化粧水・乳液はコットン使いでもっと効果的になる

コットンのほうが、手よりもまんべんなく付けられるといいます。
化粧水と乳液は、角層を育む大切なお手入れです。

これって、有名ブランド化粧品メーカーの研究結果です。
手でつけるより、コットン使いのほうが、効果が高いというのです?

手でつける一般的なやり方は、顔には凹凸があるので、
頬骨周辺の高い位置に多くつくのですが、それに対して、
コットン使いは、肌に密着するので、顔全体にまんべんなく、
キメのひとつひとつまで均一になじませられるのです。

そのため、手でつけるよりも水分量も上がります。

しかし、コットンは肌への刺激になるといった心配もあるようで、
そこでおすすめするのが、弾力のある風合いのよいコットンを
使えば、肌への刺激に対する心配は解消します。

それどころか、コットンを上手に使い、化粧水や乳液を効果的に
なじませることができるのです。

コットン使いのメリット①

化粧水・乳液が肌へのなじみ、広がり感がよくなる。
手で塗っていると不均一になり、化粧水が皮膚表面にキメ落ちして
どうしても均一になじみません。

肌表面のキメには凹凸が合って、手を使うと皮溝に溜まりますが、
弾力ある風合いのよいコットンの場合は、皮丘にもなじむため、
キメ全体に広がるわけです。

コットン使いメリット②

顔全体にむらなくつくのです。
手でつけると、少し高い頬骨付近に多くつきやすくなるのが、
コットンだと、顔全体にまんべんなくつけられます。

[check]コットンを軽く圧をかけてなじませると気持ちよさも効果もアップ
コットンでなじませるとき、そのやり方次第で効果はさらに高まります。
その方法は、近日中にお知らせします。

コットンの面を広く肌に密着させ、軽く圧をかけてなじませていうのがポイント。

このとき、少し手を丸めてコットンを肌にピッタリ密着させることが大切です。
手が反ってしまうと、力だ1点集中して強い力になって、
コットンが肌に密着することができません。

コットンより手のほうが浸透していると感じるのは大きな間違い。

コットンを使うほうが、まんべんなく確実に肌のキメひとつひとつに浸透します。
化粧品は、適正の量を正しく使い方でつけて、その効果が発揮できます。

自己流では、人それぞれのクセがあって、つけ偏りがあったりするものです。
この機会に、あなたのやり方を見直してください。
そして、この方法をマスターして、その心地よさ、肌の違いを実感してみて下さい。

乳液もコットンでなじませると、べたつき感が軽減し、均一につきます。
そのあとに、メイクをする場合は、化粧品のノリもよくなります。

【セブンネット限定】SK-II 美肌トライアルセット(化粧水)

マックスファクター(SK-II(エスケーツー)

[check]生産国・日本 販売価格 6,800円 (税込7,344円)
お求めやすいお試し価格で不安を解消して安心を得て下さい

SK-II セブンネット限定日別ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。