乾燥肌 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

乾燥肌

乾燥肌って何でしょう

セラミドが少ない肌が乾燥肌です。
肌が乾燥するというのは、ポピュラーな悩みですが、
乾燥とは何かきちんと分かっている人は、ほとんどいないようです。

乾燥肌とは、角質層の水分が少なくなること。

健康な角質層は、約20%の水分を含みます。
簡単にいいますと、水分量がそれ以下になった状態が乾燥肌です。
では、どうして乾燥肌になってしまうのでしょうか。

それは、肌のセラミドが減少するからです。
加齢や洗い過ぎなどによって、肌のうるおいを守っている、

セラミドという物質が失われると、肌は乾燥しやすくなります。
空気が乾燥すると、乾燥肌になる、と思っている人が、
多いと思いますが、人間は自分で肌の水分を守る仕組みを持っています。

会社のエアコンが強いから、肌が乾燥して荒れてきました、

などという人が多いのですが、実際はそういうものではありません。
乾燥するのは、あくまで肌の内部の問題です。

こどもの肌がうるおっていて、お年寄りの肌が乾燥するのって、
セラミドが多いか少ないかの違いなのです。
乾燥肌の原因を理解するため、肌のうるおいの仕組みを見てみましょう。

肌のうるおいの仕組み

うるおいの元は角質細胞で作られるセラミド

肌にとって、とても大切なセラミド。
セラミドはどうやって作られるのでしょうか。

基底層で生まれた表皮細胞は約4週間かかって押し上げられ、
死んで角質細胞に変わります。
これを「ターンオーバー」といいます。

この4週間の間に、表皮細胞の中では、セラミドなどの脂質が合成されていきます。

細胞が死んで角質細胞に変わる瞬間にこの脂質は、細胞の外に放出され、
細胞の周りを埋めつくします。

これが角質細胞間脂質と呼ばれるものです。

細胞同士をつなぎとめ、さらに水分を抱え込む働きを持ちます。
角質細胞間脂質はいくつもの脂質の交じり合ったもので、
セラミドはその中のひとつです。

セラミドは肌のうるおいを守る主役です。

実験的に人間の肌からセラミドを奪ってしまうと、
肌の水分は約80%も低下します。

つまり、セラミドは肌の水分80%を維持しているのです。

健康な肌は、うるおいを守る主役「セラミド」を含む角質細胞間脂質が
十分あり、角質細胞をつなぐセメントの役割りをしっかりしています。

乾燥した肌は、セラミドなどが減ることで、角質細胞間脂質の量が減り、
角質細胞をつなぎ止める力が弱くなります。
そのため、肌の水分がぐんぐん奪われていくのです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。