乾燥を防いでいるのは皮脂ではありません – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

乾燥を防いでいるのは皮脂ではありません

肌の水分維持80%は、セラミドが貢献しています

肌の水分を守る役割分担は、
セラミドが80%、天然保湿因子(NMF)が17~18%、皮脂が2~3%。

セラミドは水分をサンドイッチ状に挟み込む性質を持ちます。

セラミドと水分が幾層にも重なり合って、ラメラ構造(層板構造)という
ミルフィーユのような構造を作ります。

角質細胞と角質細胞の間には、セラミドと水分が8層くらい重なった層が
それぞれあるのです。
細胞同士の間を、水と脂質の織りなす層が埋めつくしています。

水と脂質は通常、結合しませんがセラミドは水と手をつなぐ(親水基)
ことのできる、油と結合する(疎水基)ことができる構造を持つ脂質です。

このセラミドに挟み込まれた水は、湿度が0%になっても蒸発しません。
気温がマイナス20℃でも凍らないのです。
この水のお陰で人間は砂漠でも、南極でも生きられます。

ですから、セラミドが正常の機能していれば、会社のエアコン温度設定が
低くても、肌は乾燥することはありません。

乾燥肌の根本原因は空気の乾燥ではなく、
肌内部のセラミドが不足しているからです。
ただし、肌の乾燥と空気中の湿度が関係ないということではありません。

エアコンの効いた室内や冬場の乾燥した時期に、肌の乾燥
感じる人が多いのも事実です。

だけども、湿度が下がったからといって、誰でも肌が乾燥するという
ものではありません。
もともとセラミドが不足している人に乾燥が見られます。

もともと冷え性の人は、冬場に冷えを感じます。
でも、冷え性の根本原因は気温が低いことではなく、血の巡りが悪いからです。

乾燥肌の原因は、湿度の低下ではないというのはそれと同じことです。

肌の水分はどこからくるのでしょうか

セラミドは、肌の水分をしっかりキープして逃さないものですが、
肌の水分は、体の奥からジワジワしみ出しているものです。

人体の3分の2は水です。

生きた細胞は水で満たされて、水をたっぷり含んで熟成した果物のように
みずみずしい。

角質層は、死んだ細胞の集まりですが、
そのすぐ下は生きた表皮細胞で、そこから常に水がしみ出てきます。
それを吸い上げた角質層は、セラミドに挟み込んでキープします。

それが肌の水分になっています。

セラミドが不足してくると、下からしみ出してきた水が角質層に
キープできなくなって、ドンドン逃げて蒸発しているのが、乾燥肌です。

肌の水分は化粧水ではなく、体内から来るものです。

その水源が枯れることはありません。
厚さわずか0.02mmの角質層に水分を与えるための水源としては十分にあります。

そこで、肌が乾燥するのは水分が不足しているからといって、
ガブガブ水を飲んで体内の補給する心配は必要ありません。
肌のうるおい不足の原因は、角質層のセラミドが不足しているからです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。