背中・デコルテのニキビ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

背中・デコルテのニキビ

背中やデコルテのニキビに悩んでいる人は多いです

汗対策や生活習慣の改善をしましょう。
皮脂が多い部位ですから、石けんでよく洗い、油分を含むものを使わないように。

そして、衣類の刺激もニキビの原因になります。

肌に当たって刺激しないように、インナーには汗を取る綿のキャミソールを
着るようにしましょう。

汗をまめに拭き取る汗対策も大切です。
ボディのニキビは、アクネ菌のほかに、マラセチアというカビも関与していて、
マラセチア毛包炎といいます。

カビは汗で蒸れると繁殖するので、しっかり汗対策を行ってください。

ボディのニキビは生活面の影響も大きく、睡眠と食事にも気を配りましょう。
市販のイオウ配合の塗り薬も役立ちます。

ただし、慢性化しているものを完治させすことは難しいので、
顔のニキビよりも治りにくいので、長引いているものは皮膚科で相談しましょう。

背中のうぶ毛を剃ったり、抜いたりすると、後にニキビが発生しやすいです。

背中・デコルテのシミ

背中やデコルテのシミも、種類によって治療法が異なります。

日焼によるシミ

老人性色素斑のほか、花弁状色素斑という、花びらのような形をした
シミがよく見られます。

海水浴などでの強い日焼けの後にできるものです。
これらは、レーザー除去することができますが、地肌が少しでも
日に焼けていると上手に取れません。

日焼対策を万全にして、地肌を元の色に戻してから、
レーザーをかけるといいです。

ニキビ症のシミ

背中やデコルテのニキビは、必ずといっていいほど色素沈着になり、
年余にわたって消えません。

これはピーリングで消していくことができますが、弱いピーリングでは
反応しませんので、美容皮膚科に通ってピーリング治療を受けましょう。

3~4週間おきに、5~10回程度のピーリング治療を行うと、
かなり薄くすることができます。
料金は当然クリニックによって、異なるのでホームページで確認しましょう。

ヒップの悩み ヒップのニキビ

お尻に繰り返しニキビができる

座ったときに痛みを生じる、治った痕が黒ずんだりする。
食生活の偏り、瀬イラ角不規則があるようでしたら、それを改善しましょう。

便秘やレースの下着やきついジーンズなどで擦れることもよくありません。

それでも、ヒップのニキビが改善しなければ、皮膚科に相談しましょう。
ボディのニキビは顔のニキビより時間がかかり、普通のニキビの薬も
効かないこともあります。

漢方薬の十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)が効くといいます。
時間はかかりますが、試してみる価値はあります。
シミになってしまったら、ピーリングで薄くできます。

ヒップの黒ずみ

お尻の皮膚に座ったときにあたる部分が黒ずんでします。
痩せ型で坐骨がよく当たる人に多く、一種のタコです。

角質が厚くなるので、黒ずんで見えるのです。
引っ掻くことでより黒くして、炎症性色素沈着も重なっていることもあります。

これらは、スクラブでケアするか、皮膚科でピーリングを受けると
薄くなります。

予防策は、硬いところには座らないで、下着のゴムやレースが強く当たるのも
避けましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。