足の悩み – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

足の縦のアーチ

開張足になると外反母趾、うおのめ、巻き爪を起こす原因

足の縦のアーチが潰れるのが偏平足、横のアーチが潰れるのが開張足です。
横のアーチが潰れた結果、親指に小指それぞれの付け根が外へ飛び出して、
外反母趾、内反小趾になります。

足が開張足になっていないかチェック

座って足の裏を見ます。人差し指の付け根のあたりが出ている。
そこが固くなって縦のようになっている場合は「開張足(かいちょうそく)」。

開張足は、緩すぎる靴を履いているとなります。

靴が緩いと足がだろんと横に伸びて広がっていきます。
こうして、親指の根元に飛び出すと外反母趾になります。

また、靴の中で歩くたびに足が前後にずれて靴にあたると、
さらに外反母趾を早めることに。
外反母趾は尖ったハイヒールなどが原因といわれますが、じつは緩い靴を
履くことも、開張足から外反母趾につながります。

そのため外反母趾は、男性や子供にもよく見られる症状です。

外反母趾はさらに、うおのめ、巻き爪も引き起こします。
開張足→外反母趾→うおのめ、巻き爪といった連鎖にはまらないため。
まずは、開張足の予防が大切です。

靴はできるだけ紐靴を選ぶこと

靴の紐を毎日きちんと締めて履いて下さい。
紐を結びっぱなしのまま、履いたり脱いだりしていると、それでは緩すぎ。

また、生まれつき足の幅が細いために既成の靴が合わなくて、
いつもゆるゆるのままに履いてはいけません。
中敷などを上手に使って調整し、甲の部分をフィットさせます

開張足を治す体操

横に張る筋肉が鍛えられ、横のアーチができてきます。
開張足や外反母趾を完全に元に戻すことは難しいです。

しかし、治す体操によって、少しでも足への力のかかり方が変わることで、
痛みの軽減効果があります。
うおのめの痛みは、薬では治りません。

開張足改善する体操や靴の調整を行って、足の変形を少しでも改善しないと、
うおのめはとってもとってもすぐにできてきます。

[check]開張足を治すための体操
開張足を治すための体操
親指を外側へ向って砂をほるように動かします。
横のアーチを意識します。

足の変形は放置すれば年齢とともに悪化する一方

進行した外反母趾やうおのめの痛みは深刻で手術してもなかなかかな
治るものでもありません。

また、足の痛みをかばうことで、無理な姿勢で歩き続けていると、
ひざや腰を痛める原因にもなります。

メタボリックシンドロームに対し、ロコモーティブシンドロームという
概念を日本整形外科学会が提唱しています。
ロコモーティブ(locomotive)とは、「動かすもの」という意味です。

医学的には、運動器・骨・関節・筋肉などを指します。

[check]ロコモーティブシンドローム
骨折や関節炎などの不調を起こし、そこから生活が制限されるようになり、
要介護に陥ることです。

ロコモはQOL(Qualtiy of Life 生活の質)を著しく低下させるだけではありません。

人の寿命までも短くしてしまいます。
ロコモにつながる一番の不安因子は、骨粗鬆症で、脚や腰の骨の変形も重要な問題。

顔などに比べると脚のトラベルに対して日本人は無頓着です。
足の骨は変形してしまうと完全には戻りません。
それは歯と同じことです。

とことん我慢できなくなるまで痛みを放置していてはいけません。
些細なトラブルもこまめにケアし、常に予防を心がけ、足を大事にしましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。