タコ・ウオノメ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

タコ・ウオノメ

イボタコウオノメ

足にできるイボはうつるものなので注意をしましょう。
タコは、皮膚に圧力がかかると、中を守ろうとして厚くなる自然の防御反応。
手にできるペンダコと同じです。

かかとが厚くなってひびの割れるのは大半タコです。

また、座りダコは正座する習慣のある人に見られるものです。
足首の前側が黒ずんで皮が硬くなります。

ひざ小僧のすぐ下にもできることがあります。
この場合は、なるべく正座をしない、する場合は下に座布団などの
やわらかいものを敷くという工夫も大切です。

タコは病気というほどのものではないので、あまり厚くなるとひび割れて
痛んだり、カサカサしてストッキングが伝線したりという不都合が生じる。

そういう場合は、スクラブや、やすり、軽石などで厚くなったところを
削って、尿素配合のクリームを塗っておきましょう。
ただし、かかとが厚くなる場合、水虫の可能性がありますが、注意が必要。

ウオノメは、皮膚の中に芯が入り込んでいきます。

圧力がかかるとできるという点は、タコと同じですが、
タコは上に盛り上がっていくのに対し、ウオノメは皮膚の奥に細い芯が入り、
込んでいきます。

そのため、歩くと芯が強く当たって痛みます。

歩くたびに、小石やトゲを踏んでいるような痛みを発するので堪りません。
ウオノメは、足の指やそのまわりにできやすいものです。

たいていは、指の骨の変形をともなっています。
骨の一部が突き出し、そこだけが強く当たるとウオノメができます。
ウオノメの治療として、スピール膏(ニチバン)などやわらかくするための

貼り薬をなるべく小さく切って芯の部分にだけ貼ってふやかしてから削るという
方法が一般的なのですが、周りの皮膚がふやけると、芯の部分がより強く当たって
痛くなることがあります。

このように芯をとっても再発することがよくあります。

根本原因は骨の変形です。そこを直さない限りウオノメは治りません。
靴の選び方に注意するほか、足の指でグーパー体操をする運動が必要です。

とくに足が「開張足」になっている人が最近多く、それが外反母趾、
内反小趾、ひいてはウオノメにつながっていきます。

巻き爪

足の指の爪が巻いて食い込んで痛む

足の指の爪がくるっと巻いて巻き爪になり、指の皮膚に食い込んで痛みを発する。
とくに親指の爪に見られます。
歩くときに親指が痛む場合は、指を先端のほうから見てみましょう。

爪が丸まっていたら、巻き爪(陥入爪)です。

巻き爪の原因はいろいろですが、開張足、外反母趾をともないます。
外反母趾になると、親指が小指側へ向くので、歩くたびに横から力がかかって
巻かれていきます。

巻き爪対策は、外反母趾とその原因、開張足を治すことです。

ただし、外反母趾を伴わない巻き爪もあります。
遺伝も関係しているなど、巻き爪の原因は複雑。

痛みが強い場合は、専門的な病院を受診しましょう。

巻き爪の治療

おもに皮膚科、整形外科で行いますが、専門的に行っているところと、
そうでないところで、治療内容はかなり開きがあります。

しっかり調べて、専門的に行っているところを受診しましょう。

ワイヤーによる爪の矯正治療、フットケア外来のあるところが専門的な病院です。
爪が巻いて痛むときの治療には、ワイヤー治療でドイツから入ってきた治療法で
VHO式巻き爪矯正と呼ばれます。

爪にワイラーを引っかけて固定します。

歯の矯正のように形を直していくのです。
ワイヤーをつけたままストッキングや革靴を履くことができます。

入浴といった日常生活も普通に行うことができますが、
保険適応外で治療費は実費で自己負担になります。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。