傷(すり傷、切り傷) – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

傷(すり傷、切り傷)

すり傷や切り傷は誰でもよくあるもの

しかし、手当てについて正しい知識を持っている方は非常に少ないという。
皮膚科や外科で、傷の治療法が大きく変わりつつあるのはご存知ですか。

今までの、消毒して傷薬、というやり方は、次第に行われなくなっています。

新しい傷治療とは、洗って、消毒はしないで、ウエット(湿った状態)に
保つというものです。

傷治療の3つの間違い

間違い①傷口には、消毒と傷薬

すり傷、切り傷は、皮膚の一部が欠損した状態です。
皮膚は、欠損する周りから再生する力を持っています。

その働きを邪魔しないように治るまでの間、皮膚を清潔に安静に保っていれば
よいのです。
消毒したり薬を付けたるすると、刺激になって細胞の成長が阻害されます。

消毒薬は殺菌剤で、生まれたばかりの弱い皮膚細胞まで殺します。

傷薬も抗生物質を含むものが多く、必ずしも傷に必要ではなく、
刺激になりやすいものです。

傷口は洗って清潔に保っていれば、化膿したりしないものです。

[check]傷が化膿しやすい
①糖尿病など免疫が低下する病気を持っている
②動物に引っかかれた傷、木屑や釘などが刺さった傷
 不潔な場所で受けた傷
③土が傷口の中に入ったままになっている傷
④足の指の傷、とくに爪が刺さった傷

間違い②濡らさない

傷を濡らさないように、お風呂に入ったりすることは意味がありません。
水道水は汚いものではなく、飲める清潔なものです。

実は、洗うことがもっとも簡単でよい除菌法です。
洗わないで何日も置くことのほうが、不潔になって化膿しやすくなります。
入浴時は、よほど深い傷以外は、そのままお風呂に入っても大丈夫です。

軽く石けんで洗うことも除菌の助けになります。
ただし、タオルで擦ってはいけません。

そして、入浴後は、ワセリンをタップリ塗り、ガーゼを当てて下さい。

間違い③乾かす

傷口は乾かしたほうが早く治ると、考えているとしたら、間違っています。
傷口では、新しい細胞が生まれて育っていますが、そのときには
水分が必要なのです。

植物の芽が育つときは土が湿っていけないといけないのと同じようなものです。
適度な湿潤環境を保つことが、傷を早くきれいに治す方法だということ。

正しい傷治療3つのポイント

①湿った状態に保つモイスト法を取り入れる

モイスト法(湿潤治癒)
傷口に常に、適度な湿気を保つようにコントロールすることで、
傷の治りを早めます。

ゲル状のシートで、さまざまな傷用のハイテク素材が開発されています。

絆創膏やガーゼを当てただけでは傷口は乾いてします。
皮膚が再生に最適な環境が維持されるので、痛みを素早く軽減され、
傷痕を残さない優れものです。

けがをしたら、洗って砂や汚れを取り除き、消毒しないでシートを貼るだけ。

浸出液(リンパ液)が多いときは毎日替えますが、そうでなければ2~3日に
1度の張り替えで十分です。ない場合は、ワセリンで代用しましょう。

ただし、ばい菌が入っている、感染を起こしている傷にはモイスト法の
手当ては使えません。感染の治療が先になります。
傷の周りが赤い、うずくような痛みがある、膿が出るなどの場合は感染が疑われる。

②かさぶたは自然のモイスト法

皮膚から出血すると、血液は固まってかさぶたできる。
この下で湿潤環境を作って傷を治すための自然の保護膜です。
かさぶたを取らない、取ると傷痕が残ります。

治りも遅くなるので、大切にする。

③傷痕を残さないために患部を安静に

気になる傷痕を少しでも残さないための手当て法。
患部は絶対に安静に、傷を刺激しないことです。
消毒や傷薬は余分で、刺激になるので使いません。

そして、湿潤環境を維持。
傷の上から衣類が擦れたり、物が当たったりという刺激も、痕を目立たせる原因に。

傷がふさがるまでていねいに赤ちゃん細胞を育てる気持ちでケアしましょう。

傷がふさがっても、再生したばかりの皮膚は弱いもの。
赤みが残っている間は、紫外線に当てない、強く擦らないといったケアが必要。
刺激を与えるとシミとなって残ります。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。