湿疹・皮膚炎 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

湿疹・皮膚炎

湿疹と皮膚炎は同じ意味です

尋常性湿疹

皮膚にできるボツボツ、ザラザラとしたかゆいもの。
原因となる刺激物が特定できない場合、尋常性湿疹(湿疹)と呼ばれます。

その多くは外からの刺激によるもので、汗、衣類、ホコリなど、
さまざまなものが皮膚への刺激になります。

湿疹ができたとき、その原因物質が特定できれば接触性皮膚炎といわれるが、
広く浅く色々なものが関係していて原因が特定できない場合、尋常性と呼ばれ、
尋常性とは「いわゆる」という意味です。

[check]急性湿疹
  発症後数日以内のもので、赤みを帯び、やや腫れたり、水疱もときに出る。
[check]亜級性湿疹
  急性期を過ぎたもの。皮膚が硬くなり、黒ずむ。
[check]慢性湿疹
  1週間以上経過したもの。皮膚が厚くなり、黒くなる。

慢性すればするほど治りづらくなります。
早めに塗り薬を塗ってかゆみをコントロールをする。
外的刺激、衣類、石けん、化粧品などに注意しましょう。

接触性皮膚炎(かぶれ)

物に触れることで起こる皮膚炎で「かぶれ」を接触性皮膚炎といいます。
肌が赤くなったりかゆくなったりしたときに、それを「かぶれ」といいますが、
かぶれは肌荒れを指しません。

かぶれとは、何かにかぶれた、特定の物質に触って肌が荒れた状態(接触性皮膚炎)
を指します。

アクセサリーによる金属かぶれ、化粧品かぶれ。
症状は、赤くなる、かゆくなる、水疱ができる。
触るものでかぶれるので、気づきそうなものですが、案外気づかないこともあります。

原因不明の湿疹といわれたものやアトピー性皮膚炎と診断されていたものが、
実は接触性皮膚炎だったというケースも多いといいます。

[check]ビューラーによる接触性皮膚炎
まぶたの部分による金属アレルギー。
目の下に縦に線状の湿疹ができることがビューラーかぶれの特徴です。

[check]バックル皮膚炎
おへその部分に湿疹ができる場合、バックル皮膚炎かもしれません。
ジーンズのボタンの裏の金具やベルトバックル部分の金属が原因になる接触性皮膚炎です。
Tシャツを着ていても、その上から触れた金属にかぶれることもあります。

[check]消毒薬になる接触性皮膚炎
けがや火傷をしたとき、何日間にも渡って消毒をし続けると、次第に消毒薬にかぶれることがあります。

消毒はあまりしないで、傷は洗うとよいです。
接触性皮膚炎は、原因が分かればそれで治療も終ったも同然です。
原因を除去すれば治ります。

かぶれはアレルギーとは限りません

[check]アレルギーによるかぶれ(アレルギー性の接触性皮膚炎)
特定の物質にアレルギーを持つ人は、それを触るとかぶれる。
金属アレルギー、化粧品の成分の対するアレルギーがそうです。

他の人は触っても大丈夫ですが、それを触るとかぶれるというのがアレルギー性の接触性皮膚炎です。
大人になって始めて起こすのもよくあります。
[check]アレルギーでないかぶれ(非アレルギー性の接触性皮膚炎)
洗剤かぶれで、台所用洗剤などを毎日長い時間触っていると、誰でも手が荒れます。
これはアレルギーではなく、誰にでもおこるかぶれです。

パーマ液や漂白剤のような強い薬剤を触った場合も、誰でもかぶれますが、
これもアレルギーではないかぶれです。

物質そのものに刺激性があるような場合は、アレルギーでないかぶれを起こします。

接触性皮膚炎になったらまずは接触の元を断つこと

バックル皮膚炎を起こしているのに素肌にジーンズを履くことをやめない、
かゆくなるのにきついガードルを履きつづける。
それでは半永久的に治りません。

その状況でかゆみ止めの薬を塗っても完治しません。
皮膚炎を長引かせると炎症性色素沈着を起こして皮膚炎が黒ずんできます。

もうひとつの問題になるのは、職業などの都合で接触の元を避けられない場合です。

美容師、調理師、看護師をしている方の手あれです。
そういう場合は、皮膚科に通い薬を塗り続ける。

コントロールしながら仕事を続けられればそれでよいでしょうが、
どうしてもコントロール不能なほどに皮膚炎が悪化する場合もあります。
その際は、職場で相談して仕事量や配置を調整してもらうなど、対策が必要です。

急にアレルギーを起こすことがあります。

花粉症がその代表で、ある年突然スギ花粉のアレルギーになります。
食べ物のアレルギーでも急にそばアレルギーになる、果物のアレルギーになるなど見られる。

ある種のものにアレルギーを起こすようになることを「感作(かんさ)される」といいます。
感作は、よく接触していたものに起こります。
アレルギーの危険は、常に身の回りにいっぱいあるということを忘れないで下さい。

とくに感作しやすい物質を、感作性物質と呼ばれます。

金属は、ニッケル。香料は、イランイランやベルガモットオイル。
食べ物では、マンゴーなどが感作性が高いといいます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。