アトピー性皮膚炎にどうしてなるの – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

アトピー性皮膚炎にどうしてなるの

アトピー性皮膚炎になる原因は何か

とくに、子供がアトピー性皮膚炎にならないためには、何に気をつけたらよいのか。
アトピー性皮膚炎を発症するメカニズムは不明な部分が多いのですが、
それでも、いくつかの因子が見つかっています。

遺伝因子

アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患には遺伝子が絡んでいます。
アトピー性皮膚炎、喘息、アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患を持つ人が
身内にいる人は、アトピー性皮膚炎に罹患する率が高くなります。

両親のどちらかがアトピー性皮膚炎をもつ場合、子供がアトピー性皮膚炎に
かかる率は30%ほどです。

3歳から中学生くらいまでの子供のアトピー性皮膚炎有病率は約6~10%です。

両親がアトピー性皮膚炎である場合、子供の発症する確率は平均よりも3~5倍です。
ただし、アトピー性皮膚炎全体で見ると、遺伝的要因を持つ人は3~4人に1人で、
そんなに多くはありません。

遺伝的な要素がないアトピー性皮膚炎のほうが、実際は多く、生活や環境による
部分もかなり多いといえます。

そして、皮膚の細胞同士を接着するフィラグリンという物質を作る遺伝子の異常が、
アトピー性皮膚炎の発症に関与していると指摘されていますけれど、
新しい治療法の発見段階ではありません。

環境因子

アレルギーの発生に関しての外国の医師の解説として、
ある程度、雑菌が多い環境で育った人のほうが、免疫がきとんと発達しているから、
アトピー性皮膚炎になりにくい、というものです。

家畜を飼う家、兄弟が多い家、室内に雑菌が持ち込まれやすい環境で
幼少期を過ごした人のほうがアトピー性皮膚炎が少ないというデータがあるのです。

これと反対に、清潔すぎる環境で育つと免疫バランスが崩れて、アトピー性皮膚炎を
発症しやすいということです。

腸内免疫

抗生物質を使いすぎることがアトピー性皮膚炎を増やすといいます。
2歳までの間に抗生物質の投与をたびたび受けると、腸内細菌のバランスを崩し、
アトピー性皮膚炎などのアレルギー性の病気が増えるというのです。

菌が入ったからといって必ずしも抗生物質を使わないと治らないとはいえません。

皮膚ならば少々の化膿していても、膿を出してよく洗って清潔に保つことで、
菌がいなくなり治っていくことも。

風邪で喉に膿がついても、うがいして安静にしていれば大半は治っていきます。
なので、菌が入ったら殺菌しないといけない、というのは誤解。
人間は菌とともに生きるため、免疫力というシステムを備わって生まれてきました。

しかし、実際はどうしても抗生物質に頼っています。

抗生物質によって菌を殺すわけで、人体にも無害ではありません。
虫を殺す農薬、菌の繁殖を抑える防腐剤。
これらを口に入れたいと、思いません。

抗生物質を使いすぎると、免疫バランスが崩れて、アトピー性皮膚炎を発症
しやすくなります。

抗生物質が腸内の善玉菌を殺すことがどれだけ副作用をもたらすのか・・・。

抗生物質を使うときは、医師が必要と判断したときで、
その指示に従って使うことが大事です。

[check]免疫とは
体に入った異物や細菌、ウイルスなどに対して、攻撃を仕掛ける仕組みのこと。
アレルギーも一種の免疫反応なので、その免疫反応を抑制するアトピーの
治療に免疫抑制剤を重症のアトピー性皮膚炎に使われます。

ただし、免疫全般を抑制してしまうことになります。
細菌やウイルスなどに対する抵抗力は弱くなります。

それ以外にも、腎障害などの副作用を起こす可能性もあるといわれます。
免疫抑制剤の飲み薬をアトピー性皮膚炎に使う場合、他の治療で
コントロールできない重症のタイプしか使用できないように決められています。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。