食物アレルギー – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

食物アレルギー

食物アレルギーはアトピー性皮膚炎以外にもいろいろな形で現れます

蕁麻疹、喘息などの形で現れる食物アレルギーは注意が大切です。
重症の場合は、生命に関ることもあるからです。

果物や小麦で蕁麻疹やアナフィラキシー(重症なアレルギー反応)を
起こします。

そば、ピーナッツ、パイナップルなどで喘息発作を起こすこともある。

アレルギーを引き起こしやすい食物を含んでいる加工食品には、
厚生労働省により原材料の表記を記載するようになっています。

小麦から抽出したタンパク(加水小麦タンパク)などが化粧品に
使われることがあります。
それを小麦アレルギー患者が使用したことで、蕁麻疹を起こすこともあります。

小麦アレルギーの場合は、化粧品成分表記を確認して下さい。

そばアレルギーで、学級給食のおそばを無理に食べさせられたことから
お子さんは喘息を引き起こした結果、呼吸困難で亡くなりました。

そして、ピーナッツアレルギーの女性が恋人とキス直後に亡くなったもです。
原因は、なんと恋人が食べたピーナッツバターが口に残っていたことが判りました。

食物アレルギー対策

特定の食物で重症の蕁麻疹や喘息を起こす場合は、こういった激しい
食物アレルギーを起こす可能性が潜んでいます。
アレルギー専門の病院で検査を受けて下さい。

また、特定の食物を摂取した後に、運動をすることで、
蕁麻疹やアナフィラキシーを起こす、運動誘発型食物アレルギーという
特殊なアレルギー症状もあります。

子供の食物アレルギーの原因食材は、鶏卵、乳製品、小麦が大半を占めていますが、
20歳以上の原因食材は、多い順にかに、えびなどの甲殻類、小麦、果物類、
魚類、そばなどです。

口腔アレルギー症候群

口腔アレルギー症候群は、果物を食べると口の中がかゆくなる

特に果物に対して急に、アレルギー症状を引き起こすのが口腔アレルギー症候群。
中学生以降に級に発症することが多く、若い女性に多く現れるといいます。

ある種の果物を摂取した後に、口や喉がかゆくなった、腫れたという経験がある場合は、
口腔アレルギー症候群かもしれません。

原因となる果物は、バラ科のもの桃、さくらんぼ、プラムが多く、
キウイフルーツ、メロン、マンゴーなどいろいろです。
果物アレルギーの場合は、ある種の花粉やラテックス(天然ゴム)にも
アレルギー反応を起こしやすいといいます。

これを交叉反応といいます。

ラテックスは医療用手袋に使われています。
病院で診察の際、触れることで重症のアレルギーを起こすほどです。
[check]交叉反応
あるひとつの物質にアレルギーを起こしますと、化学的に似た構造を持つ
他の物質にもアレルギー反応を起こしやすいことがあります。

金属のニッケルとクロムは交叉反応を起こしやすい。
ニッケルアレルギーも場合、クロムにもかぶれやすくなります。
果物では、シラカバ花粉と交叉反応しやすいのは、りんご、桃、キウイフルーツ。

ラテックスが交叉反応しやすいのは、栗、アボガド、バナナ、キウイフルーツ。

口腔アレルギー症候群対策

果物を摂取した後に、口がかゆくなる、息苦しくなる、蕁麻疹が出てくる、
意識消失を起こした場合は、アレルギー専門に扱う医療機関で検査を受けて下さい。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。