水虫 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

水虫

水虫は誤解されています

水虫に罹っていても誤解していることが多いため、気づかないこともあります。
[check]水虫はかゆみがある
[check]水虫は男性に多い
[check]夏に水虫になっても、冬になると自然に治る
[check]不潔にしていると水虫になる
[check]水虫は治らない

水虫はかゆくない

かゆいのが水虫、かゆくないのは水虫でない、という誤解。
水虫の大半はかゆみがありません。
それで治療しないで放っておくことも多いのです。

水虫の症状でもっとも多いのが、足の皮がむけること。
皮がポロポロむけていたら、皮膚科で検査をしましょう。

男性ばかりではありません。
女性も革靴を履くようになることが増え、男性とそう変わらなくなっています。

水虫とは

白癬菌というカビが皮膚について、繁殖したものです。
白癬菌が感染する部位は足がもっとも多く、股部白癬(こぶはくせん、いんきんたむし)
なども見られます。

陰部は常に蒸れていますので、足から水虫がうつることがあります。

手は常に乾いている部位ですので、足ほど簡単に水虫に罹りません。
しかし、職業でゴム手袋をずっとしている人や免疫力低下している場合は、
手白癬が見られることもあります。

免疫力低下の場合、背中やお腹、頭などにも広がり、全身どこにでも
白癬菌がつくことは考えられます。

水虫をうつされる場所として多いのが、トレーニングジムや温泉など不特定の人が
歩いている場所。
ヨガスタジオでうつるというケースが増えているようです。

そういった場所へ行った際は、足を水洗いして、乾いた清潔なタオルでよく拭いて
乾燥させます。

家族が水虫に罹っている場合は、お風呂場の足拭きマット、トイレのスリッパは
はっきり分けること。
水虫は、不潔とは関係なく、うつされる可能性がどなたでもあります。

水虫対策

水虫かなと思ったときすぐ、皮膚科で検査をしましょう。
そこで、水虫が見つかると、抗真菌剤といった塗り薬を半年塗り続けることです。

注意は、見た目に皮むけの症状が治まっていても、白癬菌は皮膚の奥のほうに潜んでいる。

そこで塗り薬をやめないで続けることです。
水虫は放置すると足の皮がポロポロになり、傷口ができブドウ球菌などを
合併するので危険です。

途中で治療を自己判断でやめると、数ヵ月後にほとんどが再発するのです。

また、革靴やブーツなどの蒸れる靴を控えること。
5本指ソックス、フットカバーを履くことで通気性をよくすると良いでしょう。

水虫は冬になると多少治まって、夏に悪化する傾向がありますが、
薬をきちんと塗らないでいると、完治することはありません。
夏に自然に発生するように見えるのも、冬から生き延びた菌が、
夏に繁殖してそうみえているのです。

1~2ヶ月くらい薬を塗って、治ったと思ってやめてしまい、
皮膚の奥深く生き延びていた菌がふたたび繁殖すると、いうことを何年も
繰り返していないでしょうか。

それは、水虫は治らないのではありません。

塗り薬を途中でやめる、早すぎることが原因です。
爪が白く濁っている場合は、皮膚科で検査を受けましょう。

水虫の種類

水虫は発疹の形によって分類されます。
それぞれ水虫の症状は違っても治療は同じで、抗真菌剤を根気よく塗る必要があります。

[check]趾間型
指の間の皮がむけてくるタイプで、かゆみをともなうこともあります。
足の指を医学的に「趾」といいます。

[check]汗疱型
指先や土踏まずの辺りに小さな水疱ができ、かゆみをともなう。

[check]角化型
踵の角質が厚くなって、ポロポロむけてくる、かゆみはありません。
水虫にに感染してから年月を経るとなってくることが多く、高齢者によく見られます。

[check]爪白癬
爪に水虫が感染したものをいいます。
爪白癬になったら、爪が厚く白くなり、もろくなります。

爪が白くなるからといって、白癬とは限りません。

足の爪は、靴で圧迫されるだけでも白くなるからです。
爪だけが水虫になることは稀で、爪白癬がある人使った爪切りを使うことで、
爪に水虫がうつることがあります。

爪だけが水虫になり放置すると、爪から足に水虫がうつることもあります。

それと、足の水虫ができて1年以上放置すると、爪へと水虫が入ります。
爪白癬は、塗り薬だけでは完治しないことが多く、
内服治療が必要になります。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。