日光によるトラブル – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

日光によるトラブル

うっかり日焼け 重症の日焼け

ビーチで寝てしまった、曇っているから大丈夫と思い日焼け止めを塗らないで
山でキャンプをしていた。

思わぬ日焼けをしてしまった。重症の日焼けはサンバーンと呼ばれます。

火傷と同じような状態になります。
これは主にUVB波によるもので、日焼けしてから8~12時間でピークに達し、
数日間続きます。

皮膚は赤く腫れ上がり、ひどくなる時は水疱ができます。

重症の日焼け対策

まずは、ほてりが無くなるまで冷やし、水疱は潰してワセリンをたっぷり
伸ばしたガーゼを貼り付けます。

ステロイド軟膏が手に入るなら、初期(はじめの3日間くらい)はそれを塗る。

痛みやヒリつきが治まってきたら、保湿クリームに切り替えて下さい。
1ヶ月ほどすると、皮がむけ始めます。

皮をむしると色むらのようなシミが残ります。
むしらないで、むけ終わるまで保湿を続けましょう。
広範囲に水疱ができたときは、火傷のときと同じで、病院へ行くこと・・・。

日焼けした後のシミ予防

日焼けしてしまったけれど、シミを残さないためにはどうしますか?
一度焼いてしまったものは、残念ですが元には戻すことは不可能です。

天日干しした干物を、生の魚に戻すことはできません。

紫外線は細胞のDNAに傷を残し、それらは将来のDNAに傷を残し、
将来のシミの原因となります。

やってしまった後にシミを残さないための手入れというものは、
無いに等しいのですが、それ以上日焼け被害を広げないためには・・・

[check]初期は冷やして、ステロイド軟膏を塗りましょう
[check]掻かない、むしらない
[check]水疱ができたら、ガーゼで覆って刺激から守る
[check]その上からさらに日に当てない、皮がむけ終わるまで、
  衣類などで覆って露出しないようにする
[check]質のよい睡眠をしっかり取ることで、皮膚の回復を早めます
[check]ビタミンCの内服、美白効果は期待薄ですが、皮膚再生の際に
  ビタミンCが消費されるため多めに補う

美白のケアをしたい場合には、初期の炎症が治まってから、
早くても3日目くらいから開始しましょう。

ビタミンC誘導体配合の化粧品などが、刺激を少ないのでオススメします。

光線過敏性皮膚炎

日光に対して湿疹を起こす日光アレルギー

日に当たった部分が赤く腫れる、水泡ができる、蕁麻疹ができるといった
症状はさまざまです。

紫外線だけではありません。可視光線で発症する場合もあります。
[check]薬剤性
薬を飲んだ後にわずかな日に当たると、赤く腫れるような日焼けを起こす。
ある種の消炎鎮痛剤(NSAID)、抗ヒスタミン剤、抗生物質、
降圧剤などのほか、ビタミンB6・B12によるもの。

香水なども起こしやすいです。
薬剤情報副作用欄に、光線過敏と記載あるのは、その原因となる可能性があります。
同じ薬剤を摂取しても、光線過敏性皮膚炎を起こすか起こさないかは体質によります。

[check]日光蕁麻疹
日に当たった部分に、数分後に蕁麻疹ができてします。
可視光線が原因になることが多いです。
日光を極力避けて、蕁麻疹と同様の内服治療をする。

[check]多形日光疹
首や手、日に当たった部分にかゆみをともなう湿疹が出るもので、
10~20代の女性に多く見られます。

日光によるものと気づかないことが多いため、夏に悪化して、冬に少し軽く
なることを繰り返しながら、慢性化していくことが増え続ける原因です。

やり過ぎない日焼け対策

日焼けから守るため夏はスポーツを避ける、昼間は外出を避ける。
しかし、紫外線から身体を防ぐ方法はいろいろあります。

しっかり日焼け対策をとるようにすることを考えましょう。

そして、肌がすべてではありません。
スポーツのように体を動かすことは、若さと健康を保つためには有効。

日焼けのデメリットなどはね返しましょう。

日焼けを恐れて、外出を控えて得られる美白を守り続けますか?
きれいになることは、暮らしに潤いと楽しみを与えます。
美容を暮らしの目的にしていては、もったいない。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。