角質層のバリア機能 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 肌の乾燥

角質層のバリア機能

美肌状態は角質層で決まります

角質脳のバリア機能が、紫外線、細菌、化学物質、アレルゲン、大気汚染など
外敵から肌を守っています。

表皮のターンオーバーのサイクルによって、角質層が乱れると、
ごわつく、乾燥する、キメが乱れるといった肌のトラブルが現れます。

肌表面にある角質層の状態によって、肌の健康と美しさは大きく左右される。

角質層には肌を守る大切な2つの機能があるから。
角質層は縦に約20個の角質細胞が積み重なった層で0.02mmくらいの厚さで、
この極薄い層に、肌に触れるすべてのものから肌の内部を守る働きがあります。

お風呂でお湯が体内に侵入して水ぶくれにならないのも、素手で洗剤に触れても
洗剤が染み込まないのも、角質層のバリア機能が働いているおかげです。

さらに、角質層は化学物質、アレルゲン(アレルギーを誘発する物質)、
細菌、大気の汚れなど、いろいろな外敵の侵入を防いでいます。
バリア機能が正常に働く健康な肌は、皮脂幕によって水分の蒸発を防いで、
角質細胞間脂質が十分あるので、肌の潤いを保ちます。

しかし、敏感肌の場合は、水分が蒸発し、角質細胞がガタガタになり、
角質間脂質が減少するため不健康な肌となる。

保水機能で肌の潤いをキープ

角質層のもう1つの機能が保水機能で、健康な角質層の上には皮脂膜が分泌された
皮脂で薄い膜が作られ、肌の水分が失われるのを防ぎます。
また、角質細胞はセラミドなどの保湿成分を作り出し、約30%の水分保持。

このセラミドなどの保湿成分は、角質細胞間脂質と呼ばれ、細胞と細胞の間に存在。

角質細胞間脂質には角質細胞同士を繋ぎとめる役割りと、水分と結合して
水分を保持し、肌内部の水分が失われるのを防ぐ役割りもあります。

この皮脂膜と角質細胞間脂質が、潤いのある肌が保てます。

それとは逆に、加齢や生活習慣によって皮脂膜やセラミドなどが少なくなると
肌の水分は失われて乾燥肌の原因となるだけでなく、角質細胞は安定を失い、
一部分が剥がれたようになり、このような状態だと、角質層のバリア機能も
低下し、外部の有害物質から肌を守れなくなります。

化粧品や紫外線に弱い、敏感肌になります。

肌の健康は損なわれてしまうことになります。
肌の潤いをキープし、バリア機能で肌を守るためには、角質層を正常に
体持つことが大切です。

肌状態は角質層で決まり、普段人に見られているのは肌の表面部分、
角質層の美肌のバロメーターであり、同時に外気にさらされダメージを受けやすい。

敏感肌の正しいお手入れ方法

化粧品にかぶれやすい、少し擦れただけで赤みが出やすい、ちょっとした刺激で
肌のトラブルを起こしやすい肌質を「敏感肌」です。

敏感肌にはアレルギー体質など生まれつきの要素も関係しますが、
年齢とともに肌が敏感になってきたと感じる場合、セラミド不足が原因と考えられる。
セラミドは、肌の水分を守る保湿物質で、このセラミドが不足すると、肌の水分が
逃げるだけではなく、外部刺激から肌を守るバリア機能も低下する。

敏感肌を防ぐには、正しい保湿で健やかなバリアを育む。

間違ったお手入れで、あなたは敏感肌を作っている場合もあります。
洗浄力の強力なオイル、リキッドタイプのクレンジング、日焼け止め下地、
リキッドファンデーションが乾燥を招き、肌を敏感にしてしまうことがあります。

年齢によって変わる肌、エイジングが影響する敏感肌

1.セラミド配合の美容液で保湿を強化する
敏感肌のバリア回復には、保湿が一番大切、最強の保湿はセラミドの水分と結合する
成分を補うこと。
2.クレンジング料は洗浄力がマイルドなクリームタイプを使う
クレンジング料は洗浄力が強すぎない敏感肌用のクリームタイプがおすすめで、
適度な硬さのあるものが肌を擦らなくて良い。
3.ファンデーションは肌にやさしいパウダータイプ
クリームやリキッドのファンデーションは水分を含み、顔料をそこに分散させる
界面活性剤や保存のための防腐剤が入っている。
肌へのやさしさで選ぶなら、パウダーファンデーションがおすすめ。
パウダーが粉っぽくて苦手な場合、固形の練りパウダーを。
4.極端に敏感に傾いたときは、保湿中心のシンプルケアに
水もしみるほど敏感なときは、クリームだけをつけてください。
UV対策は肌に刺激がある日焼け止め化粧品は避け、パウダーファンでションか
フェイスぱうだーで。、

角質のバリア機能が働く

ターンオーバーが正常に行われている肌の角質には、角質細胞同士を繋ぎとめる
セラミドなどの角質細胞間脂質が充分にあります。バリア機能が保たれ、
外部刺激をシャットアウトできる。

バリア機能が敏感に傾く

ターンオーバーが低下すると、角質のセラミドが減少して肌の水分が失われる。
バリア機能が低下し、外部刺激が肌の奥のほうまで入り込んで刺激に弱い肌になる。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。