肌老化の危険度 生活習慣 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 肌の乾燥

肌老化の危険度 生活習慣

生活習慣が肌に大きな影響を与える

美肌作りは1日にしてならず。
肌の老化を早める生活習慣、肌と食生活は切っても切れない関係で、食生活の乱れは、
肌の健康にも影響を及ぼします。

あなたは肌に良い食生活を送っているでしょうか。
あなたの食習慣が肌にダメージを与えていませんか?

[check]食事の時間が不規則気味
[check]夜10時以降に外食を食べることがある
[check]味付けは濃いのが大好き
[check]食べ物の好き嫌いが多い
[check]外食は週に4回以上済ませている
[check]野菜は生野菜、野菜ジュースでしか摂ることが多い
[check]昼食はパスタ、おにぎり、パンの炭水化物に偏る
[check]辛い食べ物が好きで好んで食べている
[check]お肉や魚はほとんど食べない
[check]コーヒーを1日3杯以上飲む
[check]冷たい飲み物を好んで飲む
[check]コンビに弁当、ファーストフードをよく食べている
[check]ダイエット中、またはダイエットを繰り返している
[check]水をなるべくたくさん飲むようにしている

これらの項目から5つ以上当てはまる場合、すぐにでも食生活の改善をしましょう。
当てはまる項目が多いほど、肌に悪い影響を及ぼす食生活です。

栄養バランスのよい食事を規則正しくが基本です。

5つ以下の場合、当てはまる項目について、1つずつ改善して肌へのダメージを
減らすようにしましょう。

人間の細胞はたんぱく質で作られます

肌もたんぱく質でできており、肌のためにももっとも重視して考えることは、
食事からしっかりたんぱく質が摂れているのかということ、
その次は、肌を美しく保つための栄養素を毎日の食事管理でイキイキ肌を・・・。

低脂肪のたんぱく質で肌を再生

お肉は脂っこくて肌に悪いと考えていませんか?
肉や魚などの動物性食品は、たんぱく質が主成分で、肌を構成するコラーゲン
エラスチンの材料で食品の中では美肌作りの一番重要な要素。

主菜を脂肪分の少ない、鶏ささ身、ひれ肉、もも肉、魚介を中心とした
メニューにすることで、脂肪を気にすることもありません。
たんぱく質不足は肌の再生への妨げになるので、食材で1日100gを目安にして
摂取しましょう。

鶏肉はたんぱく質を豊富に含み、牛肉や豚肉に比べて淡白で食べやすく、
ささ身は脂肪が少なく、胃腸の弱い場合のたんぱく源に適している。

もも肉やむね肉は皮を除くと低エネルギー、高たんぱく。

鶏肉の皮を取り除くと脂肪を落とせます。鶏肉は、皮に脂肪が多いので、
皮を取り除くことで脂肪をカットしてエネルギーダウンに。

豚肉(ひれ肉、もも肉)は良質のたんぱく質が豊富で、ビタミンB1の供給源に
最適な食材。
ただし、部位によっては脂肪が多く含み、ひれ肉やもも肉(脂なし、赤身)など、
脂肪の少ない部位を選びましょう。

白身魚(たら、たい、ひらめ、かれい)は、脂肪分が少なく、高たんぱく質。
消化がよいので、食欲のないときに良いです。

淡白でくせのない味わいで、味付けを問わず、使い勝手のよい食材。

いわしは青背魚の中でも、栄養バランスに優れナンバーワンで、
美肌をサポートするビタミンA、B2、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが
抜群に多いのが特徴です。

骨まで食べられるように煮込みにしたり、つみれにするのがおすすめ。
傷みやすいので新鮮なうちに調理しましょう。

魚介類は、低脂肪で高たんぱくの食材。コレステロール値は高めですが、
血中のコレステロールを下げる働きのあるタウリンを含まれているから、
安心して主菜の献立に摂りいれましょう。

いかやえびは高たんぱく質で、低エネルギー、低脂肪のヘルシーフード。
火が通り過ぎると身が硬くなるので、加熱し過ぎに注意しましょう。

貝類(ほたて、かき)は一粒一粒に栄養素と旨味がギュッと詰っている。
和・洋・中いずれの料理にも相性よく、重宝する食材。
たんぱく質のほか、鉄、亜鉛などのミネラル成分に富んでいる。

種類が豊富な貝類の中でも、ボリュームがあり、料理のバリエーションの
幅が広いかきやほたて。
鉄、亜鉛、セレンがともに多く、いずれも美肌に強力な助っ人で、
不足しやすい成分なので、意識して摂りましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。