肌の老化防止 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 肌の乾燥

肌の老化防止

老けたと肌を見れば分かる・・・

肌は不調や加齢による体調の変化を現します。
肌の老化と女性のホルモンの関りのよるものが多く、肌の老化を早めないため
食事・運動・睡眠を規則正しく考えたホルモンバランスを乱さない生活をすること。

さまざまな環境にさらされている肌の老化を進めている原因は、
日常生活に潜んでいます。肌の健康は、スキンケアや食生活だけで保つことは
無理で、毎日の生活習慣によっても肌は変わります。

あなたの生活習慣に潜んでいる肌老化の危険度を見直して美肌になる生活を
考えて下さい。

[check]睡眠時間は平均6時間以下である
[check]深夜2時過ぎまで起きていることが多い
[check]睡眠中、頻繁に目覚めたり、朝早く起きてしまったりすることが多い
[check]寝る時間、起きる時間が決まっていない
[check]デスクワーク、座っている時間が長い
[check]エアコンの効いた室内にいることが多い
[check]仕事や人間関係でイライラしたり、落ち込んだりすることがよくある
[check]人間関係に悩んでいる
[check]喫煙習慣がある
[check]ほとんど運動をしていない
[check]階段よりエレベーターやエスカレーターを使う
[check]屋外で過ごす時間が長い
[check]春から夏の間しか紫外線対策はやらない
[check]シャワーで済ませることが多い

これらの項目はすべて肌に影響を与える生活習慣です。
当てはまる項目が多いほど肌に負担を与えている日常生活です。

肌荒れが現れたり、肌の老化が早まる原因となるので、当てはまる項目を
素直に見直し、生活を改善することで、肌のトラブルも改善されていくはず・・・。

肌に起こる様々な変化!肌が年をとるのはどうして?

年齢とともに減っていく水分とコラーゲン、筋力が落ちたり、太りやすくなったりと
体には老化現象が起こります。

これは肌にとっても同じで、若いころと比べて肌がたるんできた、
シワが増えてきたなどの変化が起こります。
年を重ねるごとに肌機能が低下し、肌を構成する成分に変化が起きることが
原因の一つとして挙げられます。

角質層の水分量が減少し、皮脂量は30代をピークに少なくなります。
真皮のコラーゲン量も年齢とともに伸びたゴムのように弾力性を失っていく。

肌の潤いやハリを維持するために必要な成分、水分やコラーゲンなどすべてが
減少すると年齢とともに肌の美しさが失われていくのは当然といえます。

肌の若さと女性ホルモン

肌の老化を早める水分やコラーゲン量の減少は、女性ホルモンの分泌量と
深く関っています。女性ホルモンのエストロゲンにはコラーゲンや肌の水分を
守る働きがあります。

このエストロゲンは女性らしさを作るホルモンで、キメ細やかな肌には
欠かすことはできません。

そして、老化を引き起こす要因の活性酸素を除去する効果もあります。

このエストロゲンの分泌量は25歳をピークに30歳後半から閉経に向けて
急激に減少していき、肌のハリが失われたり、乾燥しやすくなったりと
肌の老化が現れます。

女性ホルモンの減少は避けられないが、エストロゲンの減少をゆっくりさせる。
そこで、エストロゲンの分泌を妨げる生活習慣を改めることが大切になってきます。

無理なダイエットをやったり、逆に太りすぎたりすると、エストロゲンの分泌量は
減少していきます。月経周期にも気を配ることも大切です。
乱れている食生活、不規則な生活(睡眠不足など)は、月経周期に悪影響を与え、
ホルモンバランスを乱すことにつながります。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。