ニキビができたら洗顔法と保湿法を見直しましょう – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 肌の乾燥

ニキビができたら洗顔法と保湿法を見直しましょう

大人のニキビ肌と手入れのポイント

肌の汚れ、余分な皮脂はニキビの原因、肌を清潔に整えましょう。
だけど、ゴシゴシ洗ったり、洗顔に時間をかけ過ぎることは
逆に、肌の角質層を傷めて、肌から潤いが逃げます。

そうして、角質層が厚くなって毛穴に皮脂が溜まって、
ニキビができやすくなります。

そこで、おすすめするのがさっぱり洗いあがる
固形の石鹸でやさしくやさしく洗いましょう。
ニキビ肌になっても保湿は必要で、

セラミド配合の美容液やヒアルロン酸配合の美容液で
潤いを補給しましょう。

ただし、化粧品の油分はニキビの原因になるので控えて下さい。

20歳を過ぎてできる大人ニキビは、必ずしも皮脂の分泌が
過剰なこと(オイリー肌)が原因で起こるとは限らない。

睡眠不足やストレス、ホルモンバランスの乱れなど
さまざまな原因が挙げられています。
一般的にニキビ用化粧品には、肌の脂分を取除く

作用があるものが多いのが事実で、
大人のニキビにはむかない場合があるので、
ティーン用ニキビの塗り薬は原因がはっきりするまで
使うことを控えるようにして下さい。

それは、あなたの肌タイプやニキビの原因を見極めて、
選ばなければならないからです。

また、角質を柔らかくし、殺菌する効果のある
イオウ配合のニキビ薬は、肌を乾燥させる作用があります。
大人のニキビには効果がないことが報告されています。

使うことで、肌荒れの原因となります、注意しましょう。

溜まった角質を取除くピーリング用化粧品

ホルモンバランスの変化で月経前になると
ニキビができてしまう、仕事が忙しい時期にニキビができてしまう。

繰り返しニキビができる場合は、ピーリングがおすすめ。
ピーリング用化粧品で肌表面に溜まった古い角質を
はがすケアをすることで、ターンオーバーを促進。

美容皮膚科でも受けられますが、ピーリング用化粧品を
使って自宅でもピーリングがやれる。

ピーリング用化粧品は、グリコール酸やフルーツ酸、
乳酸などのAHAと呼ばれるピーリング剤が入ったものです。
美容液、石けん、パックといろいろなものがあります。

石けんはとくに脂性肌におすすめします。
ニキビのできやすい時期の手入に取り入れて下さい。

ただし、肌が弱い場合には、
週1~2回程度から始めてくださいね。

ピーリング化粧品の選び方

塗った後に洗い流せるミルクかジェル状のピーリング剤がよい。
AHA(グリコール酸や乳酸など)の配合した石けんタイプと
塗りっぱなしにするAHA配合の美容液タイプのもあります。

あどなどの深いニキビには、有効なことがあります。
代謝を高め古い角質を取除くことで、ターンオーバーが活性化します。

ピーリング後の肌には、成分の浸透がよくなります。

特に背中は皮脂が多く、ニキビができやすい部位

背中や胸のニキビもゴシゴシ洗っても治ることはありません。
逆に肌を傷つけてニキビを悪化させたり、シミの原因になったり・・・

洗う方法は、化学繊維のザラザラしたタオルやボディブラシは
肌への刺激が強いので、綿のタオルと固形石けんで
やさしく洗って下さい。

インナーは綿素材で肌にやさしいもの。
食生活をバランスよくし、睡眠時間をしっかり取ることも大切。

ニキビ跡の赤みやシミには、ピーリングとビタミンC誘導体
配合の化粧水が効果があります。
背中は皮膚が厚いので、ピーリングを週2~3回やっても大丈夫。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。