肌トラブルを防ぐ洗顔法 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 大人のスキンケア

肌トラブルを防ぐ洗顔法

スポンサードリンク


これだけは守って朝と夜のしっかり美肌洗顔法

洗顔で皮脂を取り過ぎると、乾燥やシワの原因になるから
「朝はお湯で流すだけで十分」
「しっとり系の洗顔料のほうがよい」と考えていないですか。

でも、これは間違っています。
基本の洗顔法とは、肌に皮脂が残ってニキビができたり、
酸化した古い皮脂が肌の老化をすすにないようにする。

肌に皮脂が残ったままだと、その後に使う化粧水などの
成分も浸透しません。

メイク汚れのない朝でも、眠っている間に皮脂は分泌されます。
乾燥肌の人も、朝晩の洗顔は洗顔料(固形石けん)を使って
きちんと汚れを落とすこと。

間違った「肌をいたわる洗顔法では」肌ダメージになる。

洗顔の基本は、汚れを泡で包み込んで落とすことでした。
洗顔料(固形石けん)は、肌にのせただけで汚れを落とすから、
こすりすぎると肌をいためます。

長い時間肌の上にのせていると、肌へのダメージになります。
そこで重要なのが洗う、順番です。

固形石けんをよく泡立てます(ネットは使わなくてもいいです)
まず手をよく洗い、顔をぬるま湯で少しぬらしてから、
手のひらで石けんをよく泡立てること。

皮脂量が多いTゾーンからはじめ、Uゾーンの順に洗う

[check]額-一番皮脂が多い部位から泡をのせる
[check]鼻-クルクルと泡をなじませながら鼻にのばす
[check]頬~あご-面積の広いUゾーンはこすりすぎないように
[check]目もと、口もと-皮膚が薄いので泡で包むようにやさしく泡をあじませる

ぬるま湯でていねいに流します。
熱いお湯では刺激が強く肌をいためることに、
人肌くらいのぬるま湯で、生え際などに泡が残らないように
ていねいに流します。

残った皮脂は2度洗い

洗い流した後の指の感触でチェックして、皮脂や汚れが
残っていたら、部分的に2度洗い。

すすぎ残しがないように指で触って、キュッというくらいの
洗いあがりなら、しっかり洗えています。

朝と夜、季節、メイクの濃さなどに合わせて洗顔料を使い分ける
工夫もするとよいです。
皮脂量や汚れが多いときは、洗浄の力が強めの石けんを使う。

しっかり落とすスキンケアライン

1.メイク落し
メイクをした日は必ずクレンジング、クリームタイプがおすすめ。
2.洗顔料
汚れや皮脂がスッキリ落ちるもの、汚れのタイプで使い分ける。

うるおいのスキンケアライン

3.化粧水
ビタミンC誘導体配合のものを選ぶのが一番のポイント。
4.美容液
保湿成分のセラミド、ヒアルロン酸が含まれた保湿力の高いもの。

これが本当に必要なムダなくキレイになる4つのスキンケアアイテム。

洗顔後のケアは化粧水、美容液の2本

スキンケアに最低限必要なアイテムは、
汚れや皮脂を落とすためのメイク落しと洗顔料、
肌にうるおいを補うための化粧水と美容液、この4つです。

洗顔後のケアには、化粧水で水分を補給し、乳液やクリームの油分で
フタをするといった考え方がありました。

しかし今では、
肌へのうるおいを守るのに必要なのは水分ではなく、
セラミドなど水分を結合する保湿成分だということです。

洗顔後は、化粧水と保湿成分の入った美容液をつける、これが
どんな肌質にも共通の、シンプルで有効なスキンケア。

皮脂量が十分なうちは乳液をつけてのテカるだけです。

乳液は不要、クリームは40才から、乳液やクリームは油分と水分を
混ぜたもの。

しかし肌は、皮脂という天然の油分を分泌するから、
化粧品で油分を補う必要などない。30歳までは目もと、口もとの
乾燥が気になるときだけつかうことで十分。

40代になり、皮脂の分泌が減ってきたら、美容液の後に
Uゾーンにクリームをのせてもよいです。

化粧品は同じブランド、同じラインで揃えると効き目がアップする、
バラバラで使うとよくないというが、それぞれ効果の高いアイテムを
揃えましょう。

化粧品は薬のような強い作用はなく、さまざまなアイテムを
組み合わせて使うことを前提にしています。

なので、相互作用でトラブルが起こることはありません。

メイク落しから美容液まで、それぞれに効果が期待でき、
肌に合うと感じるものを選ぶのが一番。

ブランドをこだわりラインで揃えると、化粧品選びの視野が狭くなる
かぶれなどのトラブルが起きたときに原因を突き止めにくいといった
デメリットに。

有効成分がはっきりした化粧水選び

保湿効果に過度の期待は禁物

肌のうるおいの決め手は水分だから化粧水は欠かせないといった
考え方は、これは間違い。

肌の水分のもとになるのは、体の奥からたえず上がってくる水分であり、
外からの水分がそのまま肌の水分にはなりません。

外から与えた水分は一時的に角質層の途中まで入りますが、
その後は蒸発し、蒸発と同時に水分を奪うことも。
化粧水は使用感がよいのでつけた直後には「うるおった気分」になるが、

肌のうるおいにはならないので、期待しないように。
ただし「ビタミンC誘導体」のように、化粧水に入ると安定性のよい
成分を含むのは、保湿以外の効果が期待できる。

化粧水選びのポイントは

どんな有効成分が入っているか、成分表示をチェック

保湿成分、美白成分、アンチエイジングに効く抗酸化成分などがある

美白化粧品に含まれる各種成分もおすすめだが、あらゆる肌悩みに
対応できるのはビタミンC誘導体。

[check]アンチエイジング効果の高い「ビタミンC誘導体」
●効果・選び方
抗酸化作用のあるビタミンCを浸透しやすくしたもの。
シミ、シワのほか、毛穴のたるみやニキビを防ぐ。
いくつか種類があるが「リン酸パルミチン酸型(APPS)」
がもっとも効果が高い。

〈表示成分名〉
・リン酸パルミチン酸アスコルビル3Na(APPS、またはアプレシエ)
・リン酸アルコルビル酸Na(APS)
・リン酸アスコルビルMg(APM)
・テトラヘキシルデカン酸 アスコルビル(VCIP)など

[check]シミやそばかすを防ぐ「各種美白成分」
・ビタミンC(アスコルビル酸)
・カモミラET
・甘草エキス(医学部外品指定成分)
・リノール酸S
・トラネキサム酸
・エラグ酸
・t-シクロアミノ酸誘導体
・ルシノール
・プラセンタエキス
・ハイドロキノン など

[check]肌にうるおいを与える「保湿成分」
・セラミド
コラーゲン
・ヒアルロン酸
・天延保湿因子(NMF) など

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。