成長ホルモンをよりたくさん分泌につなげる – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 体脂肪を燃焼

成長ホルモンをよりたくさん分泌につなげる

成長ホルモンが出ていると老いを感じさせない少なくなると生命力もダウンして見えます

体はある時期から成長から老化へと改造が切り替わるのです。

そのような時の大事な変化となっているものが「成長ホルモン」のダウンです。

成長ホルモンはその名が示す通り体を成長させ、持続するからこそ欠かすことができないホルモンで、分泌が活発になる時期「成長期」と呼ばれております。

人間は、身長50cm、体重3kgほどで生まれてくるのですが、生まれた後の約2年間や、10代はじめの頃から半ばを過ぎたころにわたって信じられないくらい身長が伸び、体重も増加します。

成長ホルモンが行動的に発生しているときには、バイタリティーに溢れ返り健康であり、美しくてたくましい生命力の実りある時代と言えるはずです。

だけども20歳を経過すると、成長モルモンの分泌はスピードダウンしてしまう。

成長ホルモンの分泌が減少すると、

[check]筋肉量のダウンとそれが原因の筋力の低下
[check]体脂肪のアップ、骨密度のダウン
[check]皮膚のツヤ・ハリや柔軟性の低下
[check]バイタリティーやモチベーション、記憶力・認識力のダウン
[check]骨粗鬆症の進行

などという、これについては「いよいよ歳なので・・・」と言ってしまう時のイメージから近いわけです。

なにひとつ行なわないと年をとるにつれて激減してしまいますけど、だけどもそういった成長ホルモンの分泌も生活習慣や運動がベースになって増加させることが不可能ではありません。

何年かぶりに運動すると全身の筋肉が痛むといった体験はどんな人でもあるのではないでしょうか。

筋肉痛は運動などによって筋肉の組織が破壊したことから起きます。

筋肉を作り上げている筋線維にきめの細かい損傷がもたらされて、再生・修復されているわけです。

強い負荷のかかる運動で筋肉を疲労させると、修復した筋肉は、初めの状態と比べて成長する「超回復」という現象があるのです。

この際に成長ホルモンの働きが欠かすことができません。

運動の作用で発生してきた乳酸やアデノシンなどという筋肉の代謝物が、脳の視床下部、脳下垂体を活発化させて、筋肉の発達を促進する成長ホルモンを分泌に導くわけです。

そのことが運動後6時間以上も維持されるのです。

10代20代は苦労することなく四六時中分泌している成長モルモンなのですが、高齢になったらそれほど分泌しなくなるのです。

ほんとに運動などによってよりたくさん分泌ができるようになるのです。

このような生理学的なメカニズムが明らかになったことから、40代50代、そうじゃありません高齢となってからだって筋肉は増やせることをできるようにするし、体力年齢を若返らせるのだってできるはずです。

体脂肪や歳の理由からではなくて、生活習慣やトレーニングの実行のしかたが若さにむすびついているというわけです。

生命力のしっかりした時代(ホルモンも活動的に分泌)

運動と関連するホルモン

[check]筋肉を増大させる
  成長ホルモン、男性ホルモン(アンドロゲン)、副腎皮質ホルモン
[check]骨を代謝につなげる
  カルシトニン、副甲状腺ホルモン
[check]脂質を代謝につなげる
  アドレナリン、ノルアドレナリン

健康に関連するホルモン

[check]血圧をコントロールする
  バソプレシン、ナトリウム利尿ホルモン
[check]血糖をコントロールする
  インスリン

これらに関してはひとつ残らず、運動などによって分泌量が変化します。

メカニズムが判明

筋肉の修復を管理しているのは成長ホルモンと同時に男性ホルモンの働きでもあります。
女性のみなさんが筋肉トレーニングしても、男性と同じくムキムキが起きないというのは、男性ホルモンが多くないから心配しないで筋トレしていきましょう。

高齢となってからだって

76~78歳の女性の人たちにダンベルトレーニングをしたいただいたデータがございます。

最大負荷の80%で8~12回を3セット、4ヵ月続けた結果、平均すると筋断面積が7%増えたとのことです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。