基礎代謝量で太る人と太らない人というズレとは – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 体脂肪を燃焼

スポンサードリンク


基礎代謝量で太る人と太らない人というズレとは

基礎代謝は若いころより落ちているため太ることが多い

「20代のころの食生活と同じはずなのに30代後半、40代になって太ることになってきた」。

「若いころより食べなくなったというのにどういうわけで太るんだろう」。

その理由の一つは、基礎代謝量なのです。

20歳をピーク時に、運動はやらないでいますと、年1%ずつ明らかに筋肉量が落ちていくでしょう。

その結果、基礎代謝量が低下して太りやすくなるという流れに見舞われている。

女性の30代後半から40代とされるのは、仕事と育児中で若い時よりますます忙しくなるので、さらに運動しなくなる日々の生活に。

こういったふうに、若い時よりは1日の運動量が減ってしまって、一般的には20代とは違って40代の基礎代謝量は、10%以上落ちているわけです。

であれば、そう錯覚しているだけで、現実問題として摂取カロリーは落ちていないというかもしれないのです。

失礼なんですけど、給与も少ないといったこともあって、腹一杯口に入れたとしても、良質な食事内容じゃなかったということも影響してます。

食べない替わりにアルコールを飲む、豪華な味覚を覚えることになっていらっしゃいませんか。

若い時代より、消費カロリーが減っているのに、カンペキなお食事、美味しい料理を食べ続けていたなら消費カロリーと比べて摂取カロリーが上回るのは当然のことです。

人間が「旨い」と感じてるものは、甘くてクリーミー、味が濃い物で、これらに関してはカロリーが高いことがほとんどです。

バターがタップリであることは高カロリーで、外食で旨いと感じているのはほとんどの場合、油がたっぷりと用いられているきらいがあるのです。

体重が増加する基本的な仕組みは、消費カロリーより摂取カロリーが上回ったら、カロリーオーバーになって、体に体脂肪という形で蓄積され、40歳を過ぎて太りやすくなってきたと感じているのは、このような事実が良く知られている原因です。

「同じ様な食事をしているというのに」「食べていないというのに」と、若い時代と同じ運動量、基礎代謝量だったら、体重は金輪際増えるということは信じられません。

①運動をしなくなっている
②基礎代謝量が落ちている
③食事の中身が変わってきている

この3つが、同じ様な食事をしているというのに太る原因になっています。

太ることが一切無いデザートを選んで食べてみる

甘いものには目のない女性がほとんどでしょうが、デザートの食べ方だって、太りやすいリスクのあるものと、そうでないものとがあるのです。

脂質と糖質を組み合わせて摂ると太りやすくなるのです。

これに当てはめ、同じデザートだとしても、ショートケーキ、デニッシュといった菓子パンは、砂糖(糖質)、クリームやバター(脂質)を含み、「高カロリーで太る」。

大福や最中などといった和菓子は、同じ様な甘いものでも糖質のみを使って、ケーキやパンほどは体脂肪を招きづらく、太りません。

これには、インスリンが関わって、甘いもの(砂糖などの糖質)を摂ると、血糖値が高まります。

その血糖値を下げる働きがインスリンです。インスリンがこの血糖を筋肉や脂肪細胞に取り込ませる働きをし、血糖値が上がり過ぎることを防ぐことになります。

しかし、インスリンにはもうひとつの働きが、血糖値を下げるということを優先することから、脂肪分解を停止させて糖を優先的に使わせないといった反応を起こします。

さらに一緒に摂った脂質を体脂肪に溜め込ませる作用も起こします。そこで、やっぱり甘いものが食べてみたくなるとき、脂質ができるだけ付かない食べ物を選ぶ「大人の食事の食べ方・食事量に変える」こと。

甘いものは止めることができない

甘いものを口にする前、自問自答し意識を持って食べた方がいいでしょう

甘いものを口にしたくなり辛抱ができかねる、体重さえも気にしなかったら、どうあってもデザートを口にしたい。

これはたくさんの甘党女性の悩みと思います。やっぱり甘いものが止めることができない、心の葛藤を放棄して習慣として、甘いものを食べている。

これって、欲求をコントロールする"プロセス"を認識したら役に立ちます。

人間には、食欲・性欲・睡眠欲の3つの欲求があって、それらをいつだってコントロールしつつ毎日生活しています。

その食欲は、思うままにそう簡単にはコントロールできるわけがない。

お腹が空いたので、食べるというのが生物の反応で、人間は食欲の安定が失われている。

小腹が空いたのでお菓子を食べる。けれども最中にお腹がいっぱいになったら、そこでストップするといいのになあ、いつの間にやら、「一袋残さず食べるまで口に入れちゃう」と変化してしまう。

食卓の上に置いてあったお菓子が見られるとして、動物は空腹じゃなくエネルギーを満たしていたなら食べ物を口にはしないものの、人間は目の前にあるためについつい口に入れてしまう。

だとしても、それはよくあるエネルギーを補給する意味合いでの食事じゃないと思います。

そういうわけで、食べる前、まず自分は空腹状態であるのだろうか、と言っているわけでなく、何とはなしに手が伸びてしまっただけだろ。

こういった、「何とはなしに食べてしまう」「目の前にあったら食べてしまう」というような無意識に食べるといった行動を起こしているなら、食べる直前に、「自分ははたして空腹であろうか」と自問自答するようにしましょう。

そして、意識を持って食べることを目的にトレーニングした方がいいでしょう。

甘い誘惑に負けないトレーニング

目先に食欲をそそる焼き菓子があるのです。「食べたいな」と感じている。そんな時、「なんで自分はこれを食べたいと考えたのだろうか」と、思案する。

それが何らか明確な理由なら食べて大丈夫。しかし、考えてみても、それほど理由が見られない、「昼食は済ませたばっかり、頭脳労働していたんじゃない。ただ単純に目先にあるお菓子が美味そうにも思えるだけ」と思う。

食べる直前にいったん、どうして食べたいと思ったんだろうか思案する時間を持つことを意識する。

これを繰り返していると、無意識な行動から意識的な行動に変わり、人によって「食べたいと理由があるときが美味しく感じられる」とか「理由がない場合には美味しく感じられなくなる」という「何となしに食べる」ということがダイエットに一番良くなり、食べる前、どうして自分はこれを食べたいんだろうかという理由を探すときは、無意識に食べ物を口にしてしまうことをせず、食欲をあなた自身がコントロールすることになるでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。