体脂肪を溜めないアミノ酸スコア100の食品を摂りましょう – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 体脂肪を燃焼

スポンサードリンク


体脂肪を溜めないアミノ酸スコア100の食品を摂りましょう

肉はダイエットになくてはならないもの

肉はダイエットの天敵と、考えられている人はほとんどだと思います。

肉類はカロリーが高いものがたくさんあって、脂質もいっぱいなので「太る」というのが一般的です。

しかし、肉類を食べないとたんぱく質不足になって筋肉が減る原因になって、太りやすくなるから、「若返る体」から数限りなく遠ざかってしまうわけです。

若い体、太りにくい体にも価値のある肉類。無駄な体脂肪を蓄えない環境にするからこそ、肉はまず良質なたんぱく質が充実している部位を選ぶこと。

良質なたんぱく質とは、「アミノ酸スコア100」。

たんぱく質は約20種類のアミノ酸から構成され、そのなかでも9種類は体内だと作られないから、食事から摂取することが重要になります。

これを「必須アミノ酸」と言います。あらゆる必須アミノ酸がバランスよく含まれているたんぱく質を「良質な」というわけですが、このことは、よくワインやウイスキーの表現される。樽と同じく何枚もの板をつなぎ合わせて丸い空洞を作っているものの、その内1枚だけでも板の長さが短いと、その部分から中の水分が溢れてしまうことになるのです。

[check]たんぱく質の吸収
栄養素が余すところなく足りている(リジン、バリン、イソロイシン、ロイシン、含硫アミノ酸、トリプトファン、スレオニン、芳香族アミノ酸)。

栄養素が不足している場合、食べ物や飲み物から摂取しなければいけなくなり必須アミノ酸。その1つでも該当の量が不足しているアミノ酸が見られると、他のアミノ酸がいかにたくさん摂っても、しっかりと吸収されない。

必須アミノ酸は、イソロイシン、ロイシン、バリン、リジン、トリプトファン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン。

他は、100あるけれどあるアミノ酸だけ40というレベルと、そのいちばん少量の量しか吸収できないのです。

「アミノ酸スコア100」は、あらゆるアミノ酸がバランスよく100含有されていて、体内への吸収率も高いものとなります。

食品成分表には、アミノ酸スコアが表記があります。その中で、アミノ酸スコア100食品には、肉類では、鶏胸肉、鶏ささみ、豚ロース、牛肉サーロインでそれから、牛乳、卵、まぐろの赤身、ツナなどが挙げられます。

こういったように、たんぱく質を摂るときには、アミノ酸スコア100の良質のものを選ばないといけません。

鶏のささみやツナは、リーズナブルに低脂肪です。良質のたんぱく質という意味では、肉に限らずアミノ酸スコア100の食品が豊富にあります。

「高たんぱく、低脂肪」の食品を選ぶと良いでしょう。また、穀類はリジンが足りなくて100にはなってませんが、リジンが豊富な動物性食品(牛肉、豚肉、鶏肉、魚類、納豆、インゲンなどの豆類)などを組み合わせて摂ることによって、必須アミノ酸バランスが良い状態になります。

バラエティに富んだ食品を同じに摂るというのも重要です。

カルシウムとマグネシウムを意識して摂りいれる

ビタミンは普段食生活で満たされている栄養素です

不足することが多い栄養素を、サプリメントや栄養補助食品によって補給するのはないでしょうか?

ビタミンが不足しがちではと例えられることもあって「補給しなくちゃ」と感じている人がとりわけ、女性に結構いらっしゃいます。

しかし、日本人に欠けている栄養素はビタミンということじゃなく、女性のカルシウムの摂取量です。

それ以外の栄養素は、厚生労働省の設定する摂取量一定水準を上回っているのです。

ビタミン不足は肌に悪い影響力を及ぼし、老化が早い内に進むというような情報に踊らされる。

ビタミン摂取量はしっかりと満たされています。ビタミンなんかよりも不足しているということがカルシウム。

とくに意識して欲しい40歳以降の女性は、女性ホルモンに影響されて体内のカルシウムが減少してきて、閉経がくるとこれまで以上にカルシウムの減少が高くなって骨密度が低下し、骨粗鬆症に罹患しやすくなってしまいます。

カルシウムを効率的に吸収する食品

小魚や魚から吸収することができるカルシウム量はごくわずかばかりで、効率のよい食品とは違います。

カルシウムは含有量の高い食品でも多くの場合は体外に排泄され、体内に吸収できるカルシウムは20~30%。

カルシウムが多く含まれていて吸収率の素晴らしいのが牛乳です。50%程度の吸収率があって、チーズといった乳製品にも同量の吸収率があって、大豆製品もそれなりに素晴らしい食品です。

1日必要とされるカルシウム量の目安は800mg。牛乳はコップ1杯(約220mg)、チーズ(約150mg)、豆腐(3分の1丁で約100mg)、いわしの丸干し・煮干し、干しエビ(大さじ1杯で約570mg)、などを意識して食べることを意識すると、800mgをクリアできます。

大根の葉や小松菜、モロヘイヤなどカルシウムが多い野菜なんですが、含有量がそれほどまでにたくさんありません。

乳製品などから摂るほうが効率良く、1日800mgの目安量に近い状態にすることが難しくありません。

たんぱく質はカロリーも高いので、摂り過ぎれば体脂肪が増加します。カルシウムはいくらか過剰に摂取しても腎臓でろ過され、尿と一緒に体外へ排泄されるので問題ないです。

しかし、カルシウムは筋肉細胞の中に影響して、収縮や弛緩をさせる状況に作用している栄養素なのです。

この場合のマグネシウムが不足しているとカルシウムが筋肉細胞の中に入りすぎ、痙攣が発症することが多くなります。

カルシウムを摂り過ぎるとマグネシウムを体外へ排泄され、神経を興奮、イライラといった情緒不安定が引き起こされます。

マグネシウムには神経の興奮を鎮静化したり、体温や血圧をコントロールする役割があります。

カルシウムとマグネシウムのバランス2対1が悪化すると、イライラしてきてしまいます。

マグネシウムの多い食品は、アーモンドなどのナッツ類、納豆、ひじき、ごま、玄米がございます。

カルシウムをたくさん摂るならば、マグネシウムも忘れることなく摂って、若返りにイライラ感は天敵です。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。