カロリーコントロールに苦労させられている – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 体脂肪を燃焼

カロリーコントロールに苦労させられている

問題なく摂取カロリーを引き下げる買い物の仕方

買い物の仕方ひとつで、苦労することなく摂取カロリーを引き下げるやり方。

「食べる=カロリーを摂取する」というのは、食べるものがすぐそこにあるので口にしてしまう。

カロリー制限の大原則は、摂取カロリーを下げること。

摂取カロリーを下げるなら、食べる量を減らすというのは重要ですが、買い物する量を減らすことだって大きなポイントに。

食品の量を点検するだけであっても、摂取カロリーを引き下げることが実現できます。

それでもなお、目の前に食欲をそそる食べ物が並べられているとつか買ってしまう、といった気持ちも共感できます。

空腹状態の時に買い物を行うと、大好きなスイーツにふっと手が出てしまう。買い物は、お腹が満たされているときにすることをおすすめします。

買い物は、満腹のときに出かける、そうすることで、余計なものを買うこともしないで買い過ぎを防ぐことができます。

もう一つに、深刻なのが、「セール商品」。

「3箱セットで○○円のクッキー、安いから買っておきましょう」
「いつもより1袋多く入っているラーメン。お買い得だから買い入れてストックしおきましょう」。

こういった「買いだめ」心理が、カロリーオーバーを発生させます。

自制できちゃうストイックな人じゃなかったら、目の前にあったら、どうがんばっても食べたくなるはずです。食べてしまうという人は、空腹状態の時に食品を買い出しに行くのは取り返しのつかない行為といったもの。

宅配サービスで食品をオーダーする時にも、食事を終わらせてオーダーするとムダにオーダーすることも避けられます。

若返りに絶対必要な筋肉を付ける"ゆる筋トレ"のすすめ

40歳過ぎの体つくりをスタートさせましょう。若返りには、下半身の筋肉の存在に勝るものはない不可欠です。

また、いつだって同じ活動レベルのことをしているようでは、下半身の筋肉は20歳をピークに1年1%毎に減少していくわけです。

筋肉は普段与えている刺激よりも強い刺激を与えないと増加することはありません。

ですので、「歩く」くらいでは、生活のなかでも行なっているレベルですので、筋肉を付けることができないのです。

しかしながら、エスカレーター・エレベーターばっかり利用していた人が、ターミナルでも職場でも、スーパーでも、いたるところで階段を使うように頑張る。

これまでよりも強い刺激を筋肉に与えるので、そういった"ゆる筋トレ"であっても筋肉量が増加していくわけです。

「筋肉は、破壊されることによって、強く成長する」。

このことが筋肉を作る大原則です。筋肉に大きな刺激が強いられると、筋線維が壊されるのです。

すると、筋肉はまた同じスケールの刺激がきた時点で、耐えることができるようにより強い筋肉に修復される。

このことが、筋肉がもたらされるメカニズムなのです。

いつもより重い荷物を持ったら次の日に筋肉痛となった。

軽い気持ちで腹筋運動をしたところ、翌日お腹が痛む。

こんな感じのことを経験したはずです。筋肉痛になってくるのは、筋肉が破壊され、より強い力を発揮できるように筋線維の修復作業が行われていると考えられます。

これは、「さらに強い筋肉となる」という筋肉からのサインでしょう。また、筋肉量が増加すると毛細血管の量が増して、全身に酸素や栄養素が運ばれやすくなるのです。

さらに、酸素から効率的にエネルギーを生み出し、疲れづらい体にも役立っています。

衰えかけている筋肉に刺激を与えて新たな筋肉を作り、硬くなった筋肉の柔軟性を高くする"ゆる筋トレ"。

スクワットで成長ホルモンを分泌につなげる

子育て中や家事に手いっぱいで運動する余裕がないという方であっても、子供とできちゃう"ゆる筋トレ"とは、「ママスクワットで若返る」。

スクワットという筋トレは、立ったままの姿勢で膝を曲げてしゃがみ、また立つという動作の繰り返しをやる。

筋力は足腰から衰えていきますので、足腰の筋肉がトータルで強力になるスクワットは、正しいフォームですれば下半身強化に効果的です。

しかし、若い人がスクワットを週1~2回前後やっても、筋肉量が増えるというわけではありません。

筋肉に破壊を起こさせるだけの強い刺激はないといえるでしょう。

筋肉量を増やすなら、ご自分の体重以外にも、より負荷を加えて普通よりもっと強い刺激を上乗せし効果を上げなければいけない。

ちっちゃいこどもがいる方は、お子さんを背負った姿勢でスクワットをしたならお子さんの体重分が負荷になってトレーニングを行なうと同じ効果を発揮します。

沈み込む(膝を曲げる)量を増加させれば強度は高くなります。20回あたりが限界と思う負荷に設定し、20回を2~3セット。

週3回以上やってみましょう。そうして、少なくても2~3ヵ月は続けたほうが良いでしょう。

1.骨盤幅に脚を開き、お子さんをおんぶをしながらゆっくり両膝を曲げていく。
  膝はつま先の前に絶対出さないように。膝を傷める要因になります。

2.膝を伸ばす。

始めは、筋力がなくてバランスが取りにくいと思うことから、事故防止を考えておんぶ紐を使い、後ろにクッションの準備をします。

こんなふうに、子供の体重を負荷にしスクワットをするので、体のなかで一番大きい筋肉の太ももやお尻の筋肉量を増やします。

それに加えて、高負荷トレーニングとなるので、成長ホルモンも分泌しやすくなるのです。

成長ホルモンは、体の成長を促す働きで、骨を作り、筋肉を成長させ、基礎代謝を促進させ、血糖値を一定に保持し、体内の恒常性を維持するといった働くを果しています。

成長ホルモンは、若返るに欠かすことができないホルモンなのです。脳下垂体から分泌され、細胞を成長させ、傷ついた細胞を修復する働きがあります。

成長ホルモンの分泌が減ると、修復されなかった細胞が積み重なり、老化につながり、肌の水分量を保つ作用もあるので、高級化粧品やサプリよりは重要です。

それ以外に、脂肪を分解する酵素「リパーゼ」を増やし、成長ホルモンが肥満予防にだって効果があります。

しかし、成長ホルモンの分泌は、年齢と一緒にダウンするので、筋肉中の乳酸(代謝物)濃度が驚くほど高まるといったような高負荷トレーニングを大きな筋肉に対して行なえば、成長ホルモンの分泌は大きく活性化します。

成長ホルモンが分泌され、年齢と一緒に進んでいくさまざまな症状を遅らせます。

個人差が考えられるが、実際の年齢よりも若返る体の機能レベルに復元するのだってできるはずです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。