体質は3ヵ月で入れ替えられるのです – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

体質は3ヵ月で入れ替えられるのです

野菜は体に効果がある

たっぷり食べたとしても、その野菜を生で食べるか、どのようにカットして食べるか、いずれのタイミングに食べるかによって体に対する影響がかなり変化してきてしまいます。

野菜をたっぷり摂取しても、「食べ方のコツ」を理解しないと、身体にいい影響を合理的に吸収できないのです。

このこと残念なことに意味がない。食べ方のコツを知っておいたら、体の疲れが出てお肌の調子、体内年齢、体質だって大幅にチェンジすることが適うわけです。

「体質っていうのは生まれ持って決定づけられているもんで、そんなに簡単に入れ替えられるの」と、驚くかもしれませんが、不思議にも体質を食べ物でチェンジされるのです。

人間の体質は食べ物を変えてみると3ヵ月で生まれ変わる。

なぜ、食べ物で体質に変化があるのか。人間の体は細胞がいっぱい集結して作られています。

この細胞さえ、キレイで性質の良いものにしてしまったら、苦労することなく体質も変わっていくのです。

ひとつひとつの臓器の細胞が何日くらいで変わってしまうかとと言ったら、胃なら約30日、腸は約40日、お肌は約28日周期、口の中ならほぼ2日、上質な細胞を作るものの大事になってくるのは、上質な血液です。

そして、それらの血液を産みだすというのが、日常的に摂取している水分と栄養です。

それを達成するには、欠乏している栄養素、対象の栄養素が含まれている食べ物をいつだって意識して食べ続ける。

お肌だったら1ヵ月で調子がみるみるうちに良くなっていくと考えられます。お肌の調子が良くなると合わせて、性格においても変化がもたらされ始めます。

あんまり人のいる場所に出ない消極的タイプであったのが、お肌が美しくなるとともに、徐々に人と顔を合わせることが好きなようになっていくのです。

食べ物を変えてみると、体が変化して、それに心も変貌を遂げていく。

野菜が持っている真のパワーを思う存分有効活用する

いろいろな食べ物の中であっても、最も体と心に影響を及ぼすというのが「野菜」と「果物」です。

「野菜」と「果物」なら、加工品やサプリには備わっていない、生きたままの栄養素がたっぷりと詰っているのです。

「野菜」と「果物」の上手な食べ方を理解して、効果的にそのパワーを取り入れると、体も心もスムーズに健康になっていくと考えられます。

体に欠かせない野菜は何であるかそれから、どういった野菜を食べ物とするなら、さらに体と心が満足するのかについて理解していただきたい。

春夏秋冬の冬の時期の旬な野菜にフォーカスを当てて、ひとつひとつの野菜の保持しているパワーや、ふさわしいパワーを引き立てることを願っての食べ方。

今の時代、スーパーマーケットに行くと、野菜を毎日のように手に入れられますが、旬の野菜は旬の野菜だからこそのパワーがあって、それぞれ特徴が見られます。

春の野菜の特徴は「成長パワー」です。春は新芽のシーズン。春の初めは、春キャベツやアスパラガスなど、生命力が溢れ出て、みずみずしい成長パワーを秘められた野菜たちがいっぱい出てきます。

夏の野菜のキーワードは「スタミナアップ」です。ピーマン、トマト、ナスなどの色鮮やか野菜には、ひとつひとつの「色」が持つ大事な栄養素がたっぷりと入っています。

さらに、ネバネバ系野菜はオクラやモロヘイヤなど、スタミナをアップし、体を正常化してもらえるものばっかり。

秋の野菜の良いところは「デトックス」。きのこ類やいも類など、食物繊維がたくさんて、お腹の中から体をキレイにしてもらえる食材がいっぱい登場します。

もう一方では、りんごや柿などアンチエイジング効果が見られる果物が多いのが魅力だと思います。

冬野菜の特徴は「免疫力アップ」です。冬野菜は白菜、大根、かぶなど白っぽいものが多く見られますが、こういった野菜は免疫力を高めてくれる成分がギュッと詰っているわけです。

風邪を引きやすいように、何と言っても体に大変厳しい季節であるからこそ、体調を整えてもらえる、体のやさしい野菜が多くあるのが特徴です。

季節ごとの野菜の特徴をとらえて、そのパワーをきちんと体に取り入れると、興味深いことにスムーズに体が健康になっていくというわけです。

現実に、何一つ考えないで食事するのと、「これは体にもってこいだ」とルンルンしつつ食べるのとだと、体温の上がり方も変わり、そんなことだけで免疫力がアップするという情報もあるくらい、それほどまで「食べ物」と「体と心」は緊密に繋がりを持っています。

普段から食べている食品というものを意識するだけにより、体も心も変化していくし、体と心が変われば、生活習慣も変わってしまう。

「何をどのようにして食べるか」こういった見極めが、自らの人生を変えて行くのです。

野菜の新常識的な考え方を適正に自分のものにして、自らの体や心をチェンジして生きましょう。

春の野菜

長い冬が終って、新芽がスクスクと成長する春の初め、今の季節に出てくる野菜は、どれを選択しても「成長パワー」がギュウギュウに詰っており、食べるごとに体が若返っていくことができるようなバイタリティーに溢れています。

一年間を乗り越えるように、春の野菜パワーで充電していきましょう。

キャベツ 胃もたれ・食べ過ぎの強力な最高の味方キャベツ

胃の不調であると考えたら「生で食べる」ことが良いこと。

キャベツは熱に弱いもので、加熱処理して食べる理由はない。

胃にいい「キャベジン」が生には非常に多く入っています。煮てよし、焼き上げてよし、生のままでもよし。

どういった料理法でも美味しく食べることができるキャベツなんですが、それから胃の調子を整えてもらえ健康の上でも重要な存在です。

キャベツには、胃腸薬の名称となっている「キャベジン」がいっぱい含まれています。

こちらのキャベジンが胃の粘膜を守って、胃潰瘍の予防や胃腸の調子を整えるというのにとっても役に立っています。

だけど、キャベジンは水溶性ビタミンで熱や水に壊れやすくて、熱を加えないで生の状態で食べるほうが、そっくりそのまま栄養を体に取り込むというのが行なえます。

そのため、胃炎や胃潰瘍など、胃の調子を良くしたいと思っているなら、千切り、サラダと考えてしっかり噛んで食べるべきです。

また、とんかつなど消化に時間がとられそうな揚げ物のとなりには、しっかりとキャベツの千切りが添えられることになることは、脂っこい食べ物とキャベツの千切りを同じに食べると、口の中をすっきりへと誘う役割を果たします。

キャベツの千切りは食物繊維が多いことから、食べるときはきちんと噛まなきゃ飲み込めません。

咀嚼が増すため消化吸収を促し、早食い防止にもなることもあって、揚げ物と共にキャベツの千切りを食べるというのってとても理に適っているというわけです。

またキャベツは「ビタミンC」もたっぷりの野菜ながら、ビタミンCもキャベツと変わりなく、水溶性の栄養素ですから、千切りにして生で食べるというのが一番。

ハイクラスなキャベツの千切りを作る

葉っぱを1枚ずつ丁寧に剥がし、葉っぱの真ん中となっている筋を中心として重ねていきます。

そして、芯に対しては垂直になるように包丁を入れていくと、味がよくてふわふわした千切りが作れやすくなるのです。

キャベツの真ん中の筋は、甘みも噛みごたえもありとても美味しいものながら、筋ばかりが残ると食感が硬くて食べにくくなりかねません。

そういうわけで、その筋に対し垂直に千切りしていくと、筋が分散されて、しかも食べやすくなり得る上、食感もよくなるということ。

けれども、毎回毎回千切りばかりじゃ飽きてしまいますので、もし、キャベツを加熱処理して食べた場合は、あんまりビタミンCを流出させたくないので、短時間で蒸し上げるか、あるいは煮汁ごと食べることができることからスープならば、ビタミンをきちんと体に取り込むことが可能です。

菜の花の蕾は栄養成分の玉手箱

キャベツは「アブラナ科」に属しています。この種類の野菜には「イソチオシアネート」という栄養素が入っています。

この成分が発ガンを抑制する効き目があるとの研究データが発表がなされて、大注目です。

アブラナ科の野菜は、わさびなど味わいや香りが激しくて大量にはどうやっても食べられない野菜が多いわけですが、キャベツはアブラナ科なのに、極々食べやすいわけです。

キャベツの他にアブラナ科の野菜には、菜の花が存在します。菜の花にもイソチオシアネートも含まれています。

菜の花にいっぱい付いている蕾の中には、花を咲かせるために菜の花が溜め込んだ栄養やパワーがきゅうきゅうに詰っておりまして、これを食べることにより、物凄いアンチエイジングパワーを受けることができます。

それ以外にも、菜の花の花においては免疫力を高めてくれる「βカロテン」、紫外線やストレスなどから体を守るビタミンCがたっぷりと含まれています。

菜の花と同じくいるビタミンCは、ほうれん草の4倍。その他には、イライラを抑える「カルシウム」や顔色をよくしくすみを解消する「鉄分」もたっぷり。

春の初めだけにしか食べることが出来ないことで、スーパーマーケットでご覧になったら菜の花も含め買い上げて料理するようにしましょう。

栄養価を考えたならミニサイズの野菜を

変わらないキャベツでも、春の初めに販売されている新物「春キャベツ」。

葉っぱが柔らかいらしいので、千切りや手でちぎって生で食べてもおいしい。キャベツには紫キャベツなどいっぱいの種類がありますけど、栄養価で考えたなら、芽キャベツが最高でおすすめ。

野菜は基本的には同ジャンルだとしたら、大きいサイズよりは小さいサイズの野菜のほうが栄養素はギュウギュウに詰っているわけです。

栄養面を考えに入れるとしたら、大きいサイズのキャベツより芽キャベツ。

一般的なトマトであればミニトマト。とうもろこしよりはベビーコーン。

ブロッコリーよりブロッコリースプラウトというふうに、大きいものによって小さいものを選択したほうが、栄養価は高くなる傾向にあるといえます。

「なんやかや種類が見られるけれども、どれにすべき」と悩んだとしたら、「同ジャンルの野菜ではあるのですが、小さいサイズのほうが栄養価が高い」というのも記憶しておいた方が良いでしょう。

・胃のコンディションを良い方向に向かわせたいケースは生キャベツ
・美しい肌のためなら芽キャベツが何よりも効果が期待できる

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。