春の野菜 アスパラガスの栄養価は穂先に詰まっています – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

春の野菜 アスパラガスの栄養価は穂先に詰まっています

アスパラガスで若返り効果を獲得するピカ一の方法とは

茹でる時に根元から添える、ということが適切なアスパラガスの茹で方。

アスパラガスの穂先に美肌・老化防止成分「グルタチオ」は熱にデリケートなので、若返る効果を得るよう、お湯の量は少な目で、アスパラガスの穂先はお湯に入れないことが大事です。

春の初めに旬を迎える野菜としても、鮮やかな緑色とシャキシャキした噛みごたえが特徴のアスパラガス。

アスパラガスを美味しく食べる調理法だと、いろいろありますが、取りわけ簡単にできるのが、シンプルにお湯でサクッと茹でるという方法です。

だけど、茹でる時、ささやかなことに気にかけさえすれば、よりアスパラガスの持つ栄養「グルタチオン」を引き出せるということを、知っているでしょうか。

アスパラガスは茎の部分と比べて穂先にかなりの栄養素が含まれています。

何よりも注目できるのが、美肌や老化防止効果が期待できるアミノ酸「グルタチオン」。

すごく興味深い健康成分のグルタチオンなんですが、熱に弱いこともあって穂先を熱しすぎちゃうと、大切な栄養素が損なわれてしまいます。

だとしても、アスパラガスを生で食べるわけにもいかないでしょう。

そのため、意識するのが、アスパラガスを茹でるタイミングでは、なるべく穂先をお湯に付けないという事です。

鍋に水を張ったら、アスパラガスの根元をお湯に付け、穂先はお湯に触れないように垂直に立てて入れるような感じです。

このようにしておけば、穂先はほんのちょっとの加熱で済むのです。

あんまり多くの時間茹でると、大切なアスパラガスの持つ栄養素が壊れてしまうので、できる限りスピーディーに済ませます。

お湯の量もたっぷりと用意する必要もありません。なんとたっぷりのお湯でアスパラガスを茹でてしまったら、水溶性ビタミンが次から次へと流出することになるからです。

ビタミンB1は58%、ビタミンB2は35%、それにビタミンCは44%が激減します。

一方、蒸したのならば、このようなビタミンの流出はほんの少しになります。

アスパラガスでひときわおすすめ調理法は「蒸し炒め」

茹でるとは違って蒸す。これがアスパラガスの栄養素を逃さない上、健康的に食べられる方法ではあるけれど、単に蒸すだけよりは、もっとおすすめの調理法がございます。

それは「蒸し炒め」といった調理法です。

アスパラガスを入れたフライパンに水を大さじ2~3杯。油はちょっとだけ垂らすぐらい入れて、フタをして火に掛けます。

そして、蒸気が見えたら1~2分ばかり熱を加えます。ときには、焦げてしまわないよう、フライパンを見ていれば何の問題もありません。

この「蒸し炒め」調理方法がアスパラガスを美味しい状態で、かつ最も栄養満点な状態で味わえます。

アスパラガスは茹でるとは違って蒸したほうが栄養の流出が阻止されると紹介しました。

それでも、そこの所にちょっとだけ油を垂らすやり方で、アスパラガスに含まれている脂溶性のビタミンである「βカロテン」の吸収率を6倍に上げることができます。

その上、油がアスパラガスの一面に薄く膜を張ってもらえるから、旨味や水分が逃げにくい上、ビタミンの流出も抑えることが可能です。

色素も抜けにくくなるから、つやつやとした緑色も変えずに、シャキッとした噛みごたえにでき上がります。

この「蒸し炒め」は、アスパラガスだけに限らず、ほかの色んな野菜にも活用することができます。美味くて手間なく野菜の秘めている栄養価を余すところなく使い切ることのできる調理方法ですから、積極的にチャレンジしていただきたいです。

アンチエイジング効果最大限に活用のカギは食べる時間帯です

アスパラガスばかりか、スプラウトや豆苗など、野菜の成長速度が早く、グイグイ伸びていく野菜を「成長野菜」ということです。

新たなるシーズンがスタートする春の初めっていうのは、そういった成長力の高い野菜がいっぱい生まれるのですが、もし「アンチエイジング」を考えに入れるなら、この成長野菜をたっぷり食べたほうが良いでしょう。

なおかつ、せっかくなのだから「朝」よりは「夜」に食べたいものです。

なぜ、食べる時間帯にとらわれるのか、アスパラガスに限定されず野菜が持つ「成長パワー」がカギになるせいです。

アスパラガスなどの成長野菜は、一般的な野菜と比較して、早すぎる成長過程の段階で収穫しているため、ひとつひとつの芽には、「ここから数限りなくでかくなるぞ」という、エネルギーが溢れ出ているからでしょう。

こういった成長野菜といった、アスパラガスなどには「若さ」や「アンチエイジング」に効き目がある栄養価がたっぷりと詰っているのです。

この「成長パワー」が重宝するのが夜ということなのです。

人間の細胞は、睡眠中に入れ替わるわけですが、そのタイミングに大量に成長パワーを摂取することによって、夜間に体内で生じている「細胞の入れ替わり」をバックアップすることをできるようにするのです。

しかしながら人間が活動的になる朝に食べるならば、脂肪をエネルギーに変えてもらえるような玉ねぎなどの燃焼系の野菜が優れています。

アスパラガスで配慮しなければいけないのは、保存方法です。

アスパラガスは成長の早いのは1日10cm近くも伸びることすらあるほど、成長パワーを秘められた野菜です。

収穫後でも「上に向って成長しよう」という力が強いからこそ、寝かせて保存したなら体を起こそうとして無駄なエネルギーや糖分を用いてしまうわけです。

そうすると、貴重な旨味や甘み、栄養分が抜けてしまうことで、アスパラガスを保存する際は横に置かないで、カラの牛乳パックなどに穂先を上にして入れ、冷蔵庫内で保存してください。

・美容効果を得るつもりなら、穂先は茹でないように注意
・アンチエイジング効果を得るには、夜にアスパラガスを味わう
・立てて保存することによって栄養を損なわないアイデアを

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。