春の野菜 たけのこのアンチエイジングパワー若々しさを回復したいならば – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

春の野菜 たけのこのアンチエイジングパワー若々しさを回復したいならば

たけのこの白い粉はその状態で調理してください

たけのこのヒダの中の白い粉「チロシン」という成長ホルモンの素で、若返りだけじゃなく、不眠やうつ病にも効果が期待できます。

早春の旨いもの旬の「たけのこ」の美味しい味においては、古くからいろいろ言及されてたが、驚くことに今たけのこに非常に大きい注目が集まっている次第です。

これまでにたけのこは、「食べても対して栄養を持っていない野菜」として伝わっていました。

そう言われるとその栄養成分は、ビタミンやミネラルもほとんど見受けられません。

食物繊維が含まれていることから、食べた後に腸内のお綺麗にするくらいです。

それを受けて、栄養面が優れているからという理由で、たけのこを話題にするのって滅多にないことです。

なんですけど、ここ数年の研究で、たけのこには人の体を若々しくする成長ホルモンがたっぷりと含まれている、といったことが発見されました。

成長ホルモンとは、子供が成長し、大きくなるためになくてはならないホルモンで、大人になってきた後も体に存在する古い細胞を、新しい細胞に入れ替えてもらえる作用があるのです。

肌、毛髪、骨、内臓などありとあらゆる器官は、この成長ホルモンの影響を受けて、再生されていくというわけです。

ハリウッドスターがふるってこの成長ホルモンたっぷりの注射を打って、アンチエイジングの備えをするほど。

お値段は1本10万円くらいで、今美容に必要不可欠の栄養素となっています。

知っているとおり、たけのこはかなり成長の早い野菜ということでも知れ渡っています。

それだけの成長のスピードは野菜の中にあっても、トップレベルで、1日10cm、20cmも伸びるものも存在するほどです。

成長の早い野菜の中でもトップレベルのパワーを秘めているたけのこであれば、疑いようもない含まれている成長ホルモンの量も生半可ではないとイメージされることでしょう。

できるのなら、たけのこの持つ成長ホルモンをあますところなく体内に摂取したいものでしょうが、それを実現させるには調理法にコツがいるわけです。

それは、絶対条件として「ヒダのこの白い粉」を洗い流さないやり方。

たけのこを2つに割ったとき、中のヒダにいっぱいの白い粉があるのを見たことないですか。

その白い粉それこそが、「チロシン」というアミノ酸の一種で、体を若くしてもらえる成長ホルモンの素です。

白い粉を目にして、「たけのこにアクじゃないか」「えぐみじゃないの」ということで、洗い流している人が非常にたくさんいると思われますが、まったく違います。

粉は、若返りにとどまらず、不眠やうつ症状にも効き目があるというデータがある"やる気の素"の側面もあるので、洗い流してしまいますと非常にもったいないと感じませんか。

それから、たけのこは鮮度が命の野菜ですので、収穫したらできる限り早く食べるのが肝になります。

しかしながら、どうにも新鮮なたけのこを手に入れてきて調理をするのは難しいことから、スーパーマーケットなどで出回っている水煮のたけのこでもおすすめです。

手間もかからないで、安い価格で手に入れることができます。当たり前ですが水煮を食べるときも白い粉「チロシン」は間違いなく洗い流しては何の意味もない。

・たけのこの白い粉は「アンチエイジング」の万能薬となる

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。