春の野菜 クレソンは全世界でダントツに栄養価が充実した野菜 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

春の野菜 クレソンは全世界でダントツに栄養価が充実した野菜

春の洋ハーブ・クレソンをサラダに決める

春は芽吹きの季節。生命力を盛りだくさん含んだハーブ類のバリエーションも豊富にあります。

ハーブ類の際立って、大注目となっているのが「クレソン」。

アメリカ疾病予防管理センターCDCが公表した研究で、41品目の野菜や果物が持っている「栄養濃度」を調べたところ、ありとあらゆる野菜・果物の中で、一番栄養濃度が高いレベルに、「世界一栄養が充実した野菜」とされたというのがクレソンだったのです。

クレソンの栄養素の中においても、注目となっているのが辛味成分の「シニグリン」。

殺菌効果があることから口臭予防にもなるし、頭皮の血行を良い状態にして育毛のサポートを行なうことから、薄毛予防も必要とされています。

また、肉類の付け合わせとしては食べられるのがもってこいですが、このシニグリンは、食べ物の消化吸収を活発化させる効果も期待できます。

とは言っても、加熱し過ぎると、栄養価が消失してしまうこともあって、シニグリンの効果を目的とするとしたら、できる限り火を通さないまま食べるのが望ましいです。

外国では生でサラダにして食べるのが当たり前です。

クレソンの辛味成分シニグリンには、口臭・薄毛対策に有効性が高いので、栄養価を破壊しないことから、「クレソンをソテーを取り入れる」より「クレソンをサラダを採用する」のが間違いない調理法ということです。

ほかにも、クレソンは美肌には欠かすことができないβカロテンやビタミンCは当たり前として、むくみ防止に効き目があるカリウムも豊富にあります。

このほか、クレソンの持つイソシオチアネート独自の辛味成分は、強力であるアンチエイジングパワーがあげられます。

これって、大根おろしなんかに含まれる成分と同じタイプで、消化を助ける働きや、食べ物を傷みにくくしてしまう防腐作用も果たします。

ストレスを溜め込みぎみのケースでは、付け合せのパセリをしっかり食べる

ハーブ類を調理をする際、忘れてならないことが「香りの力」です。

さまざまな料理の付け合わせなどによって登場するパセリ。

香りが強く、どこかしら付け合せ感を持っていて口に入れない人が多いかもしれないのですが、パセリは「天然のサプリメント」と称されるくらいに栄養価が豊富にある。

付け合わせとなって出てくれば、口に入れないともったいないです。

その栄養素は、βカロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄分だったり、いずれを選んでも体には絶対に必要な栄養素オンリーです。

とりわけ、パセリ独特な香りは、精神を安定化させてストレスを鎮静化してくれる効果が期待できます。

また、パセリは香りが強いものになるほど栄養価が高いレベルに新鮮なので、スーパーマーケットなどにおいて選ぶ際には、まず第一に一度ニオイを嗅いで確かめてみるといいでしょう。

新鮮な状態で使い切るのが一番いいですが、たくさんあり過ぎて使い切れないときは、ビニール袋に入れて冷凍庫へ、利用するときには葉をパリパリと砕いて使用できるので、利用する価値が大いにあります。

ハーブはかなり繊細なので、収穫が済んだら20~30分もすれば、傷ついた位置から茶色く変色するようになり、身体に良い香りも飛んでいきますから、ハーブを育てているとしたらは、できることなら調理する直前に収穫調理をするようにするといいでしょう。

・口臭・薄毛対策を考えれば、クレソンはサラダが望ましい
・ガッツリと肉料理の場合はクレソンで消化力アップ
・パセリの香りについては驚くべきリラックス効果抜群の

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。