春の野菜 スプラウト(ブロッコリー・スプラウト・もやし)でがん予防 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

春の野菜 スプラウト(ブロッコリー・スプラウト・もやし)でがん予防

スプラウトでがん抑制効果をゲットしたいと思うなら「蒸し調理する」

がん予防効果のためには、「発芽パワー」が効果認められる。

生でも安心、加熱の場合は茹で汁を流さない料理に。

スルフォラファンは、水に溶けやすい成分。

欧米諸国は「新芽ブーム」が生じているわけです。新芽には芽吹きのパワーが多種多様に詰ってるのです。

新芽野菜を食べることにより、それに見合う生命パワーを身体の中に摂り入れることが行なえます。

取りわけ、効果的な野菜が、「新芽」を意味するスプラウト野菜です。

スプラウトとしては、たくさんの種類がありますけど、何よりもよく知られているのがブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウト。

かいわれ大根という感じのパッと見ですが、この栄養素は絶大。解毒酵素の活性化を確かなものにする「スルフォラファン」という栄養素は、成長したブロッコリーの20倍以上含まれています。

ブロッコリースプラウトは、発芽によって3日目が何にも増して栄養価が高いと伝えられ、発芽3日目のブロッコリースプラウトを専門に扱った「スーパースプラウト」という野菜も売りに出されています。

ブロッコリースプラウトは、生でも口に入れることは可能ですが、ちょっぴり特徴的なので、加熱したほうが美味しく食べられます。

だけどスルフォラファンは、水分に溶け出してしまう性質が見られることから、煮るよりは蒸したり、炒めたりしたほうが栄養もしっかり一緒に摂ることが可能です。

また煮込むのであれば、ぜひともスープなんかにしてスルフォラファンが溶け出した汁ごと残さず食べることを意識しましょう。

その他にも、ピーナッツを発芽させたもやしみたいな見た感じのピーナッツスプラウトやごまを発芽させたゴマスプラウトなど、たくさんのものが売りに出されています。

どっちにしても栄養価の優等生ですが、取りわけ一番身近な発芽野菜だとすれば、もやしです。

もやしには、「GABA」といった天然アミノ酸がいっぱい含まれています。

GABAを摂取すると気持ちがポジティブになるため、落ち込んでしまった場合や、むしゃくしゃした時には役に立ちそう。

GABAをアピールした、チョコレートが発売されていますが、もやしを1パック摂取すると、OK。

それだけでなく、もやしには解毒作用や癒やし効果のある「アスパラギン酸」がいっぱい含んでいます。

お得であるのに栄養豊富で、めちゃくちゃコストパフォーマンスが良い野菜です。

気持ちが落ち込んでしまった時、スプラウトのキッチンベジタブルを

スプラウトはいくら摘みとっても時間を置けば再生してくれるエコな野菜ですので、台所やベランダで発育させる「キッチンベジタブル」にも何かと便利です。

生花やフラワーアレンジメントであったら水に挿しておいてもすぐにしおれたり、枯れたりしてしまいますが、スプラウトはとにかく成長が早く、見ているだけで元気をもらえます。

キッチンベジタブルはエコだけでなく、メンタル的にも目の覚めるような効果を呼び覚ましてくれるでしょう。

医療現場でうつ病の病を患っている方に植物や野菜を育てていただく、医療療法も見られますが、成長がスピーディーなスプラウトが、見る見る伸びていこうと感じる状況を日常的に確認することを通して、知らず知らずのうちにその生命力からパワーをキャッチし、気持ちがしっかり立ち直っていくと考えられます。

そのような強烈な生命力が詰った野菜を成長させて食べることによって、より気持ちが明るくなってくるのです。

・「発芽3日目のスプラウト」は栄養の宝石箱
・スプラウト栽培では、心を癒す効果のほどだって

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。