夏の野菜 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

夏の野菜

夏には「カラフル&ネバネバ野菜」が多く出てきます

赤・黄・緑・紫といったカラフルな野菜をバランスよく摂取すると、体に価値のある栄養素を摂り入れるということが実現できます。

また、ネバネバ野菜は老廃物排出やスタミナアップに効果が期待できます。

夏バテ防止にだって最も適しています。

夏の野菜 トマト栄養価に重点を置くには生より加熱を

疲労回復したいなあと思ったら「トマトスープ」がいいね。

まさにトマトサラダより、加熱した方が栄養吸収率が高くなります。

南米原産に野菜ながらも、気がついたら日本人のテーブルに必要な存在となっているトマト。

サラダやマリネ、ミートソースやミネストローネなど、バラエティーに富んだ料理に出てくる使い勝手の良い万能野菜です。

そのトマトなのですが、実は加熱することによって、もっともっと栄養の吸収率が高くなる事実を分かっているでしょうか。

野菜を食べるときは、「加熱するよりも、生のまま食べたほうが体に役に立ちそう」と、考えると思うのですが、トマトに限って言えばその正反対です。

ちょっとだけ加熱を行なうほうが、トマトの持ってる栄養分をこれまで以上に効率よく吸収することが生まれます。

どういう理由で、トマトは加熱することによって、栄養を効率的に吸収できるのでしょうか。

それについては、トマトの「赤い色」に存在します。見ているだけにより食欲が増えてくるトマトの赤い色。

その中には、トマトが保持する栄養素の代表格「リコピン」がたっぷりと含まれています。

リコピンは、「カロテノイド」と呼ばれる栄養素とされるもの、強い抗酸化作用をもちましてストレスを感じたり、紫外線を浴びたり、過激な運動というものをした場合、体内に細胞を損傷する活性酸素が度を越えて生まれて、細胞をサビつかせてしまうことになりますが、植物はこのサビから細胞を回復させるというのに極めて効率性の高いリコピンを生み出して抗酸化作用を強めます。

人体にこのリコピンを摂取することによって、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病、がんといった予防効果を見せてくれます。

このリコピンを、これまで以上に効率的に摂取する方法でイチオシなのが「加熱」しなければいけないこと。

加熱処理することから、トマトの細胞が一度壊されて、リコピンが細胞の外に出て、一段と体の中に吸収しやすい形に変化していきます。

そういうことから、生で食べるよりオリーブオイルと同時に過熱したほうが、2~3倍は体の中に吸収されやすくなると考えられます。

また、トマトは加熱処理することによって旨味や甘みがグイッと増すこともあって、調味料ということでも使えるんです。

リコピンを効率的に吸収して、より美味しく食べたいといった場合、スープや煮込み料理、ミートソースなど、トマトを加熱した料理を作って見るべきです。

トマトジュースや缶詰は生でなく加熱もOK

「野菜は加工品ではなくそのまま食べたほうがいい、野菜ジュースや缶詰は、いかに使い勝手がよくても栄養の面からでは良くないと感じられる。」、こんなふうにイメージしていらっしゃることと思います。

そういうのは「誤った認識」です。缶詰のホールトマトやトマトジュースなどといった加工品は、生で食べるなんかよりもかえって、栄養価が高いことだってあるものです。

トマトジュースも缶詰もどちょっとも製造過程で加熱されているため、リコピンを摂りいれるならかえって理想的な食べ物というわけです。

無塩の商品を選択しておくことによって、塩分の摂り過ぎも大きな問題はないです。

「手いっぱいでどうしても料理がすることが難しい」とすればきは、トマトジュースや缶詰のトマトをたっぷり摂るべきです。

「加工品であるから」と手を出してしまうのに尻込みする必要はひとつもないといえるでしょう。

また、トマトにだってかなりの種類が充実しているので悩んでしまいますが、なるべく「色の赤いもの」を利用することが大事です。

色が濃い目ほどリコピンがいっぱい含まれています。

国内産のピンクがかったトマトよりも、イタリア、ヨーロッパでよく選ばれている、太陽をサンサンと浴び、赤が強いトマトであればあるほど抗酸化作用に期待感を抱くことができます。

トマトは「食べる日焼け止め」と考えられている美白効果

トマトの代表的な効き目と言ったら、「美白効果」も欠かすことはできません。

日焼けしちゃったら、紫外線などによって皮膚にシミの素が発生するメラニン色素が作られます。

トマトからリコピンを摂取すると、このようなメラニン色素の形成を抑制してくれるから、シミを予防するということが不可能ではありません。

これこそが「食べる日焼け止め」ともいえるトマト。

日焼け前、日焼け後にトマトをたっぷりと食べることによって、白い肌を取り戻すことができます。

もうひとつに、抗酸化作用がたっぷりのトマトは、疲労回復にも効きます。

「ちょっとだけ疲れている」というとき、トマトと一緒に食べていただきたい食材が鶏肉です。

これって鶏肉に含まれている細胞損傷が原因の疲労回復を沈静化する「イミダペプチド」という栄養素が、活性酸素から細胞を守るトマトのリコピンと一緒になって、体を守ります。

・加熱したトマトを召し上がって生活習慣病予防
・疲労回復はトマトジュースを摂り入れる
・日焼け後にトマトをたくさん食べシミ予防を

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。